ささげ業務効率化に役立つシステムやツールをご紹介

ささげ業務効率化に役立つシステムやツールをご紹介

ECサイトのスムーズな運営には、「ささげ業務」が必要不可欠です。とはいえささげ業務には手間も時間もかかるため、できる限り自動化して業務を効率化したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

ささげ業務を効率化する方法には代行業者に依頼したりするなどの方法もありますが、社内でささげ業務を続けるならシステムやツールを導入するのがおすすめです。そこで今回はささげ業務に役立つシステムやツールをご紹介します。

ささげはEC運営で重要な業務のひとつ

ささげとは|撮影・採寸・原稿

ささげとはEC運営に重要な業務である「撮影・採寸・原稿」のことであり、それぞれの業務の頭文字を一文字ずつとって「ささげ」と呼んでいます。

1文字目の「さ」にあたる撮影は商品写真をより魅力的に撮影してユーザーの目に留まりやすいサムネイル画像を掲載したり、商品のブランドイメージを分かりやすく伝えるためにモデルを起用してロケ撮影を行ったりする業務のことで、商品自体の魅力を底上げするためにも重要です。

2文字目の「さ」にあたる採寸は、商品サイズを正確に計測してユーザーに正しい商品情報を提供するために重要な業務です。ユーザーが購入を判断するためには閲覧している商品のサイズが自分に合っているかどうかが分からなければならないため、できるだけ実寸に近いサイズ情報を提示しなければなりません。

また、3文字目の「げ」にあたる原稿は商品画像だけでは説明しきれない商品の特徴や質感を文章で分かりやすく伝えるものです。

ささげはECサイトを運営するうえで非常に重要な業務であり、ユーザーのスムーズな購入判断や販売側の負担軽減のためにも重要です。

ささげは売上にも大きな影響を与える可能性

ささげ業務のクオリティによっては、売上にも大きな影響を与える可能性があります。例えばECモールの検索結果に並んでいるサムネイル画像が魅力的でなければ、商品の詳細情報を見たいと感じてもらうことは難しいかもしれません。ユーザーは限られた時間の中で購入したいと思える商品に出会うことを期待しているため、購入に至る可能性が低そうな商品はサムネイル画像の段階で弾いてしまうからです。

そのため、まずは「詳しく知りたいと思ってもらえる商品画像」を用意することが、売上につなげるための第一歩といえるでしょう。

また、正確なサイズを計測できていなければユーザーはその商品を着用するのが難しいため、返品せざるを得ない場合もあります。返品処理にはコストがかかるので、なるべく返品を減らすためには採寸が重要です。あまりにも商品情報と異なる場合はクレームに発展する可能性もあることから、正確なサイズを提供することは自社を守ることにも直結するといえます。

さらにユーザーが「実際に商品を購入するかどうか」を判断する要素は原稿に頼る部分も大きいでしょう。商品の概要は写真を見ればある程度判断できますが、細部については原稿を読まなければ分からない部分も多いといえます。魅力的な原稿を用意できれば「ぜひ購入したい」「使ってみたい」と思ってもらえる可能性がアップするため、原稿のクオリティは売上を左右する重要な要素といえます。

関連記事:ささげ業務とは|詳細や外注のメリットについてご紹介

ささげを効率化する方法とは

ささげを効率化する方法には「ささげ管理システムの導入」と「ささげ代行業者への依頼」の2種類あります。どちらを利用するかは、社内の状況に応じて決めると良いでしょう。

ささげ管理システムや支援ASPを導入

ささげを効率化する方法のひとつに、ささげ管理システムや支援ASPを導入することが挙げられます。ささげ管理システムを導入すると、撮影・採寸・原稿の一連の業務をサポートする仕組みが使えるため、ECサイトへ商品情報をアップロードするまでの時間を大きく短縮できるでしょう。

例えばシステムの指示に従って商品を撮影するだけで、商品をアップロードするのに最適なサイズに加工できる機能などが用意されていることも少なくありません。これまで写真を撮影するごとに専用の加工ソフトでリサイズや加工を施していた時間が短縮されるため、効率的に商品情報を用意することが可能になります。

また、進捗状況を管理できるアプリケーションが搭載されている場合もあり、予定されているささげ業務のうちどの程度の作業が完了しているかをひと目で把握できる機能なども便利です。スケジュール通りに進んでいるのか、進んでいない場合はどの部分が遅れているのかを瞬時に判断できるため、今後の対応方針をスムーズに決定できるでしょう。

中には商品を撮影するだけで自動的に採寸を行ってくれるアプリなどもあるため、写真を撮った後は原稿を作成するだけでアップロードの準備を完了できます。ひとつのUI(ユーザーインターフェース)上で作業を完結できるシステムであれば、加工用のソフトウェアや採寸用の機材などを用意する必要もないため、コストの削減にもつながるでしょう。

ささげ業務全般を自動化できるシステムもあれば、一部の業務をサポートするものまでさまざまです。自社にとって不足している部分のシステムや支援ASPを上手く業務に取り入れることで、限りなくささげ業務を自動化に近づけられます。

ささげ代行業者に依頼

ささげを効率化するもう一つの方法として、ささげ代行業者に依頼する方法が考えられます。自社が担っているささげ業者をまとめて他社に委託できるため、ささげ業務に追われて通常業務に充てるリソースが確保できないなどの状況に置かれている場合は、代行業者の委託も検討すると良いでしょう。扱っているアイテム数が多すぎて手が回らない場合も、システムを導入するより代行業者に委託したほうが効率化につながる可能性もあります。

外注費用はプランやボリュームによって異なるため、自社に適したプランを用意している業者を選ぶことが大切です。外注量が多くなればなるほど1アイテムあたりの単価は下がる傾向にありますが、業者によっても幅があるため、2つ以上の業者を比較検討することをおすすめします。

代行業者に依頼する際は、自社のささげ業務のうちどの部分を外注するのか精査するのも重要です。全工程をまとめて委託できる業者もありますが、写真撮影のみ依頼して採寸や原稿制作は内製したり、写真撮影は自社のスタッフが実施して原稿制作のみ依頼するなど、さまざまなパターンが考えられるでしょう。

自社が得意な分野はそのまま内製を続けて、不得意な分野を外注すると効果的に業務を効率化してリソースを削減でき、コストも抑えやすくなります。

外注の場合は価格を重視して選びがちですが、クオリティが自社の求めている水準に達しているかどうかもしっかりと見極めることが大切です。納品されてきた写真や現行のクオリティが低いと、リテイクを出したり自社のスタッフが手直ししたりして、結局外注する前と変わらないだけの手間がかかる可能性も考えられます。

掲載されているサンプルや過去の実績などから自社の希望するクオリティで納品が期待できるか十分に検討したうえで、外注するかどうかを決めると良いでしょう。

関連記事:ささげ業務の代行サービスとは|ささげ代行のメリットや代行業者選定のポイントをご紹介

ささげ業務の効率化に役立つシステムやツールをご紹介

ここからは、ささげ業務の効率化に役立つシステムやツールをご紹介します。

株式会社リアルピット

https://realpit.jp/sasage

株式会社リアルピットは、ささげ業務を正確かつ効率に行うための「ささげ運用ツール」というアプリを提供しています。アプリをインストールすることで一連のささげ業務をアプリ内で行えるため、作業工数の削減やスムーズなデータ作成、進捗管理などを実現できます。

ささげ運用ツールではアプリ内でサイズ変更したり加工したりした商品データを自動的に指定フォルダ内に作成するので、次々と商品データの編集ができ、作業時間を短縮できます。また、データ管理は商品のバーコードと連携して行うため、「Aの商品に誤ってBの写真を紐付けてしまう」などのミスを最大限に減らせるのも特徴です。

さらに作業の進捗状況をアプリ上で分かりやすく管理できるため、どの段階まで作業が進んでいるのかひと目で把握でき、送れている箇所などを可視化できるのも強みといえるでしょう。

導入開始までの期間も2週間~1ヶ月程度と比較的短く、すでにささげ業務を運用している場合は作業用のPCにアプリをインストールするだけで始められます。1台のPCにつき基本料金は月額50,000円ですが、複数台利用などの場合は別途お問合せが必要です。

株式会社ニコンシステム

https://www.nsi.nikon.com/products/saisoon/index.html

株式会社ニコンシステムの「SAI SOON」は、ささげ業務を効率化することを目的としたECバックヤード支援システムです。カメラで撮影するだけで自動的に白抜きまで完了するため、ECサイトに商品画像をアップロードするまでの時間を短縮できるのが特徴です。

また、商品画像を準備すると同時にSAI SOON独自のAIが自動的に服の種別を判定して必要箇所の採寸を行うため、一つひとつの商品サイズを計測する必要がありません。システム上からブランド名や素材情報を入力でき、採寸結果はCSVで出力も可能なので、複数のアイテムをまとめてアップロードする際にも役立ちます。

撮影はSAI SOONがナビゲーションしてくれるため、指示に従って商品を撮影するだけで簡単に商品画像を用意できるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

利用料金は使用量に応じた従量課金制を採用しており、シンプルで分かりやすい仕組みになっています。カスタマイズなどがなければシステム自体の初期費用はかからないので、「まずは使ってみたい」という方にも優しい料金体系が魅力です。現在使用中の基幹システムとの連携や撮影コンサルなども請け負っています。

株式会社 神戸デジタル・ラボ

https://www.kdl.co.jp/sasage/

株式会社神戸デジタル・ラボが提供する「ささげ管理システム」は、直感的に操作できる操作性の高いユーザーインターフェースが特徴的です。「ユーザーが使いやすいささげ管理システム」を意識しながらシステム導入後の業務改善まで併せて提供されるので、最も効率的に業務を効率化するための方法に近づけます。

トップ画面には撮影・採寸・原稿制作に関する指示コメントや、各工程でどの業務が残っているのかが表示されるため、どの業務をこなさなければならないのかが一目瞭然です。撮影した商品写真はドラッグ&ドロップで簡単に登録できるうえに、ファイル名の変更は自動的に行われるため、写真を撮影するたびに名前を付けてファイルを保存する必要がありません。

また、採寸業務ではあらかじめ登録してある採寸項目に従って結果を入力するため、カテゴリーを間違えて登録するなどのケアレスミスを減らせます。もし日頃扱っていない商品などで項目がない場合はその場で追加もできるので、あらためてシステムの設定変更画面などを開く必要もありません。

原稿制作はWebブラウザ上から文章の入力・登録が可能なので、インターネットに接続できる環境であればどこからでも執筆可能です。移動中のちょっとした時間なども有効活用できるため、ささげ業務を効率的に進められます。

株式会社メイキップ

https://sasage.ai/

株式会社メイキップの「SASAGE.AI」は、商品を撮影するだけで採寸から原稿制作まですべてのささげ業務を自動で完結してくれる「ささげ業務自動化クラウドサービス」です。3D技術を応用することで撮影した商品写真から自動的にモデル着用イメージを作成できるので、写真を加工・合成する手間を大きく削減できます。パターンも複数あるため、自社のイメージに近いものを選択できます。

撮影画像から自動的に商品の測定ポイントを解析して採寸を行い、寸法データを自動的に導き出す機能も備えているので、メジャーを用意して計測する必要はありません。基本的なタイプのトップスやボトムス、ワンピース、アウターに対応しており、今後も利用できる種類はアップデートされていく予定です。

また、SASAGE.AIの機能の中で特徴的なのが商品の特徴を分析して自動的に原稿制作を行ってくれる機能です。「ボディーラインが綺麗に見えるタイトミニワンピース」など商品の特徴を捉えた説明文を用意してもらえるため、一つひとつの商品の原稿を考える時間が大幅に短縮できます。自動で用意された文章を手直しする機能もあるので、独自のニュアンスを織り交ぜることも可能です。

ささげの効率化を図りEC事業を軌道に乗せよう

EC事業を軌道に乗せるためには、クオリティの高いささげ業務をスムーズにこなせる運用体制を作り上げることが重要です。従来の手作業でささげ業務をこなすと時間も手間もかかるうえに、将来的に業務が拡大した際に手が回らなくなる可能性もあるでしょう。

ささげ業務を効率化する方法にはささげ管理システムや支援ASPの導入、ささげ代行業者への委託などの方法が考えられます。ささげ業務を社内で担いつつ作業工数の削減や自動化を目指したい場合はささげ管理システムを導入し、社内のスタッフの作業を丸ごと削減したい場合は代行業者への委託を検討すると良いでしょう。

オープンロジでも倉庫業務に加えてささげ業務のサポートを行っています。ささげ業務の効率化をお考えの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ