ささげ業務のコストについて解説

ささげ業務のコストについて解説

ECサイトをスムーズに運営して売上もアップさせるためには、「ささげ業務」の精度を高めることが重要です。とはいえささげ業務を自社で運用すると費用面でもリソース面でもコストがかかるため、少しでも効率化したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

業務を効率化してコストを下げつつ品質の高い撮影・採寸・原稿を継続してユーザーに届けるためには、外注を検討するのがおすすめです。そこで今回はささげ業務の基礎知識や外注する場合のコスト、ささげ業務外注先選定のポイントなどについて解説します。

関連記事:ささげ業務とは|詳細や外注のメリットについてご紹介

ささげ業務の詳細

まずはささげ業務の「撮影・採寸・原稿」とは、それぞれどのようなクオリティが求められる業務なのか解説します。

撮影方法は商品により大幅に工程が異なる

ユーザーがECサイトでどの商品を購入するのか決める際に参考にする情報として、最も大きなもののひとつに「サムネイル画像」が挙げられます。

検索結果に表示された商品一覧の中で目を引く写真が掲載されていると、「この商品は気になるな、商品ページまで見てみよう」という気持ちになってもらえるため、興味を引く写真を撮影することはECサイトで売上をアップさせるために非常に重要であるといえるでしょう。

商品を魅力的に見せるためにはただ写真を撮るだけでなく、「その商品の魅力を最も引き出せる角度や構図」を意識して撮影しなければなりません。野菜やフルーツであればみずみずしくフレッシュ感のあるイメージを持たせる写真に仕上げたり、アパレルであればモデルを起用して季節ごとのシチュエーションに合ったロケを行ったりと、一言で「サムネイル写真を撮影する」といっても、撮影方法は商品によって大きく異なります。

製造した商品を撮影するだけの場合もあれば、撮影するシチュエーションの想定やモデル・ロケ先の手配などのディレクションも総合的に行わなければならない場合もあるため、ささげ業務の「撮影」には撮影以外の交渉力や調整力などのスキルも必要になるでしょう。アイテム数が増えれば増えるほど撮影パターンも増えていくため、社内のスタッフが小規模で担当するのが難しくなることも考えられます。

採寸は正確な数値が必須

ECサイトの商品情報に掲載する商品サイズの数値は、できるだけ正確に記載することが重要です。ECサイトにおいてユーザーが商品のサイズを判断するための情報は限られているので、正確なサイズが記載されていないと返品が増加したり、クレームの原因になったりする可能性があります

最近では返品の際の配送料を業者が負担するケースも少なくないため、返品が増えるほど余計なコストがかかる原因にもなるでしょう。返品されてきた商品を受け付けて内部で返金処理を施し、ユーザーに返金するまでの一連の作業にもコストが発生します。採寸の段階でできるかぎり正確な数値を導き出すことが、社内全体のコスト削減や業務効率化に直結するのです。

また、毎回実寸とは異なるサイズが掲載されていると「今回も返品しなければならなかった」「このお店の商品はいつも正しいサイズが記載されていない」とユーザーに感じさせてしまい、次回から購入しなくなってしまう可能性も考えられます。購入者としては普段何気なく目にするサイズ表記ですが、販売側としては可能な限りシビアに正確な情報を提供することが重要です。

原稿は文章のクオリティが求められる

ユーザーに「この商品を買いたい」と思わせる原稿に仕上げるためには、ただ商品の特徴を並べて書くだけでは十分とは言えません。「写真だけでは分からない商品の質感」や「その商品を購入することによってユーザーにもたらされるメリット」「競合他社の製品に比べてこの商品を手に取ると何がお得なのか」などの情報をできるだけ簡潔に伝えることで、「このECサイトで商品を購入しなければ」という気持ちになってもらうことが大切です。

ECモールなどでは、競合他社と似たような商品が並ぶことも少なくありません。そのため、商品の特色を上手く説明できていないと「さっきの商品のほうが安いからここでは買わなくていいか」と思われてしまい、せっかく商品情報ページを閲覧してもらえても購入につながらない可能性もあります。

「一般的な商品に比べてこんな便利機能が付いている」「素材に他ではあまり見られない〇〇を使用しており、手触りが柔らかくお手入れも簡単、長く使える」など、なぜその商品を選ぶ必要があるのかをユーザーに分かりやすく伝えるためには、文章のクオリティが高い原稿を制作できるスタッフを確保しなければなりません。

ささげ業務を外注する場合のコストと注意点

ささげ業務の外注にはコストがかかりますが、選択するプランによっても支払う費用は大きく異なります。価格ばかりを気にしすぎてクオリティが二の次になるのも決して良いこととは言えません。ここでは、ささげ業務を外注する場合のコストと注意点について解説します。

プランやボリュームごとに料金体系は異なる

ささげ業務の外注費用は、プランやボリュームごとに料金体系が大きく異なります。一般的には月間のアイテム数が多ければ多いほど、1アイテムあたりの料金は安くなる傾向にあります。しかし業者によって大きく差があるため、事前に詳細を確認することが大切です。

スタジオ撮影や出張撮影、倉庫常駐型など、撮影スタイルによっても価格は異なるため、自社がどのプランを必要としているのかもしっかりと検討する必要があるでしょう。また、SKUごとに何カットの商品写真が必要なのかによっても料金は変わります。

ささげ業務の外注を請け負っている株式会社flestonを例にすると、「毎月契約、月間想定撮影数100SKU、撮影6カット・採寸・原稿」を選択した場合の1アイテムあたりの料金は次のようになります。

1,600円(撮影)+300円(採寸)+500円(原稿)=2,400円

ささげ業務にかかる費用は1アイテムごとが基本となるので、扱っている商品数が多ければ多いほどかかるコストも増加します。自社の予算と相談しながら、場合によってはカット数を少なめにしたり、ある程度は自社で対応するなどの対応が必要になる場合も考えられるでしょう。

外注するささげの範囲をしっかりと検討する

自社に存在するささげ業務のうち、どの程度の範囲の業務を外注するのかしっかりと検討することも重要です。

「写真撮影はプロのカメラマンを抱えてこだわっているので外注する必要がない」「自社の倉庫がないので採寸だけ頼みたい」「撮影も採寸も自社で対応できるが原稿を書けるスタッフがいない」など、ささげ業務の悩みは企業によってさまざまなので、自社の悩みに対応できる外注先を選びましょう

自社にモデル事務所とのつながりがあり、撮影に呼ぶモデルを手配できる場合はカメラマンを外注するだけで問題ありませんが、難しい場合はモデルの手配までまとめて引き受けてくれる外注先を選ばなければ希望の撮影ができない可能性あります。

「撮影・採寸・原稿」のうち自社が得意としている分野はどこか、逆に苦手としている部分はどこにあるのかを洗い出したうえで外注する業務を決定すると、必要な部分だけを外部に任せられるのでコストを最小限に抑えられます。

また、一部の業務だけを外注する際は、自社のスタッフと外注先の連携がスムーズに行えるかどうかも十分に検討しましょう。各業務の連携がスムーズに取れていないとECサイトの運営が滞る可能性も考えられます。

コストだけでなくクオリティも重視する

安価でコストパフォーマンスの良い外注先を見つけることも大切ではありますが、クオリティが二の次になってしまうとクレームの原因になったり、商品の詳細が分かりにくくなって売上の低下につながったりするため注意が必要です。

明らかに価格が安すぎる業者は撮影のリテイクができなかったり、細かい要望を取り入れてもらえなかったりする場合があるので、事前にプランの詳細をよく確認しましょう。また、実績があまり豊富ではない業者も価格を比較的安価に設定しているケースがありますが、その場合は信用できる外注先かどうか、あらかじめ打ち合わせなどで見極めることが大切です。

自社の希望に沿ったささげ業務を実現してもらえるかを確かめたうえで、サンプル写真や過去の実績なども参照して、自社の求めているクオリティに到達しているか慎重に検討しましょう。

毎月継続して費用がかかることを考えれば安い外注先は魅力的ではありますが、安易に安さを求めすぎるとかえってリテイクなどが頻繁に発生してしまい、時間的にもコスト的にも損をする可能性があります。

自社でささげ業務を行う場合にかかるコストとは

自社でささげ業務を行う場合にかかるコストは、人件費だけにはとどまりません。外注した方が結果的に安くなることも多いため、いま一度ささげ業務を内製した際にかかっているコストを確認しておきましょう。

人件費

第一に、ささげ業務を担当するスタッフの人件費が発生します。商品を撮影するカメラマンを専門で抱える場合もあれば、撮影が専門ではないスタッフが担当する場合もありますが、どちらのケースでも人件費は必ずかかる費用のひとつです

ユーザーの目に留まりやすいECサイトの商品写真を撮影するためには、商品が最も見栄えする構図デザインを検討しなければなりません。商品の見せ方にこだわりを持っている企業ほど、専門知識やスキルの高い人材が必要不可欠といえるでしょう。プロのカメラマンを社内で雇うのであれば、人件費は通常のスタッフに比べると高くなる傾向にあります。

時間

ささげ業務にかかるコストの中で特に大きなもののひとつとして、時間や手間が挙げられるでしょう。商品が増えれば増えるほど撮影・採寸・原稿にかかる手間も増加していくため、事業が拡大するにしたがって通常業務を圧迫する可能性が高くなります。

社内でささげ業務を専門に扱うスタッフを配置している場合でも、小規模な組織では次第に手が回らなくなることも考えられるでしょう。例えば1つのアイテムを5カット撮影するのに10分かける場合、1ヶ月に60アイテム追加するだけで600分=10時間もの撮影時間を必要とします。

もちろんささげ業務は撮影だけではないので、採寸や原稿制作にかける時間を考えるとさらに膨大な時間がかかることが分かります。社内でまかない切れなくなった業務は手間を削減するために外注を検討することも大切です。

ささげに使用する撮影・採寸機材

ささげ業務を行うためには、撮影や採寸に使用する機材を用意しなければなりません。特に撮影に使用するカメラは一般的には性能が良いほど映りの良い写真を撮れるため、仕上がりにこだわる場合はそれなりに予算をかけて質の高い機材を用意する必要があるでしょう。

機材に故障などのトラブルが発生すれば、自社の負担で修理したり、場合によっては買い替えたりしなければいけません。経年劣化による買い替えが発生することも避けられないので、数年に一度は新しい機材を入れ替えることを考えると、機材にかかる予算だけでも膨大なコストがかかります。

またロケ撮影などを希望する場合はロケに使用する機材セットを別途手配する費用も必要になるでしょう。

しかしロケ撮影などに対応しているプランをあらかじめ用意している業者に外注すれば、カメラや採寸機材を含めて外注先の業者が持つ機材を利用できるため、自社で購入する必要がなくなります。

【コラム】ECのささげ品質はかなり重要

ECサイトにとって、ささげ業務が重要であることについてお伝えしてきました。しかし、ECのささげ品質はなぜ重要なのでしょうか。ここからはその理由について解説します。

売上を左右する可能性

ささげ業務はECサイトの売上を左右する重大な業務のひとつです。ユーザーがECサイトを閲覧する際に詳しく見る商品を選ぶ基準として最も大きなものは「サムネイル画像(商品写真)」であり、競合他社の製品と並べられた自社の商品を選んでもらうためには、魅力的な写真でユーザーの関心を集めなければなりません。

「この商品を見てみたい」と思わせる写真で商品ページにたどり着いてもらわなければ買うかどうかの判断すらしてもらえないため、できるだけ専門のスキルを持ったカメラマンの力を借りて「詳細を知りたくなる写真」を用意することが大切です。

また、商品の詳細ページにたどり着いたとしても、詳しい情報が書かれていない商品を購入したいと思うユーザーは少ないでしょう。正確なサイズが掲載されていることは購入後のクレームを避けるためにも大切ですが、商品の売上を大きく左右するのは「原稿のクオリティ」といえます。

写真を見ただけでは判断しきれない商品の手触りや質感、写真では見えない部分の状態、商品の魅力はどこにあるのかなどを、分かりやすくユーザーに伝わる原稿を制作できるかどうかがユーザーの購入判断を左右します。

例えば「綿100%のシャツです」とだけ書かれている商品よりも、「綿100%の肌触りが柔らかいシャツです。敏感肌にも優しいため、刺激を避けたい方にも着用していただけます」などの書き方をしたほうが、より商品の詳細が伝わりやすいといえるでしょう。

自社ブランドの印象を決定する重大な要素 

ささげ業務のクオリティによって、自社ブランドの印象を決定づけられるかどうかが決まるといっても過言ではありません。例えば高級志向のブランドを目指しているのであれば、商品写真をどれだけラグジュアリーな印象に仕上げられるかがブランドイメージを作り上げる重要な要素のひとつになります。

高級品であるにも関わらず格式高い印象を与えられない写真が掲載されていたら、ユーザーは「値段の割に安っぽいブランドだな」と判断されてしまい、購入を見送られてしまうかもしれません。自社ブランドの特徴をしっかり捉えた撮影・採寸・原稿が、ユーザーに自社のブランドを正しく理解してもらうための重要な手段となります。

とはいえ、ロケ撮影などのプロモーションも含めて自社のイメージに最適なささげ業務を行うことは思ったよりも難しいものです。専門知識を持った外注先の力を借りることで、自社が伝えたいブランドイメージを正しく伝えられるようになるでしょう。

ささげ業務外注先選定のポイント

ここでは、ささげ業務の外注先を選定する際のポイントを紹介します。

ポイント1:サービスが自社のブランドに合っているか見極める

ささげ業務の外注を引き受けている業者はそれぞれ得意な分野が異なるため、提供しているサービスが自社のブランドに合っているか見極めることが大切です。

例えば自社が売り出している商品が高級志向の家具であるにも関わらず、リーズナブルな家具を生活感あふれる雰囲気で撮影するのが得意な業者に頼んでしまうと、自社のニーズと一致せず訴求効果が弱まってしまう場合もあります。

また、「ファッション」というひとつのカテゴリーの中でも商品単体を撮影するのが得意な業者や、モデルを起用したロケが得意な業者などさまざまです。自社が求めているテイストの撮影を実現できるか見極めたうえで外注先を決めなければ、イメージと異なる納品物が出来上がってしまう可能性もあるでしょう。

原稿に関しても同様で、自社が売り出していきたいイメージを的確に表現してもらえる業者に外注することが重要です。商品ごとの訴求ポイントを自社との打ち合わせの中で的確に理解し、ECサイト上に掲載する短い文章の中にしっかりと取り入れてくれる実績が豊富で柔軟性の高い業者を選びましょう。

ポイント2:撮影の柔軟性はあるか事前に確認する

撮影する写真のクオリティはもちろんですが、サービスに柔軟性があるかどうかも重要なポイントです。納品されてきた写真を確認した際に思ったような仕上がりになっていない場合、リテイクが可能なのかどうかは確認しておきたい部分といえるでしょう。もしリテイクが不可の業者であれば、再撮影に料金が発生してしまい、余計なコストがかかる可能性も考えられます。

すべての写真が一度で納得のいくクオリティに仕上がれば良いものの、実際にはいつもスムーズに事が運ぶとは限りません。自社の商品のイメージを伝えるうえで相手のカメラマンと齟齬が出てしまい、イメージとは異なる写真が出来上がる可能性は決して低くないため、リテイク可能なプランを用意している業者を選ぶことをおすすめします。

また、撮影場所を指定できるかどうかも事前によく確かめておきましょう。自社の倉庫から外注先の業者に商品を送付して写真撮影を行う場合もあれば、中には自社の倉庫に直接カメラマンが派遣され、その場で撮影してもらえるプランを設けている業者もあります。

どのスタイルが良いかは状況によってさまざまですが、大型の商品の撮影などであれば配送などには手間もコストもかかるため、直接カメラマンを派遣してくれるタイプの業者を選ぶと良いでしょう。アパレルでモデルを入れた撮影を行いたい場合は、ロケ先を希望の場所に設定できるかどうかなどの確認も必要です。

ポイント3:納期スピードは自社のEC運営に適しているか判断する

ECサイトは顔の見えないやり取りなので、ユーザーからの問い合わせへの対応や注文に対する出荷・配送処理は迅速に行うことが何よりも重要です。ECサイト上に掲載している情報が間違っていた場合に写真を再撮影したり、採寸し直したり、原稿を書き換えたりする作業が遅れれば、ユーザーからの信頼を損ねてしまうことも考えられます。

また、ECサイトは常に新しい情報を更新し続けなければユーザーに飽きられてしまいやすい媒体なので、スピード感のあるサイト運営が大切といえます。

新商品の追加や既存商品の更新にあたってささげ業者からの納品が遅いと、ECサイトのスムーズな運営に支障をきたしてしまうでしょう。そのため、「納期スピードが自社のEC運営に適しているか」を契約前に判断することは自社のユーザーからの信頼を守るうえで重要であるといえます。

自社に合った納品サイクルが設定されているとしても、事前に提示された納期が厳守されなければ運用に支障が出る可能性があります。例えば季節ものの新商品を売り出したい時にベストな売り時を逃してしまいやすくなるなどのリスクがあるため、納期を守ってもらえるかどうかはしっかりと見極めましょう。

関連記事:ささげ業務の代行サービスとは|ささげ代行のメリットや代行業者選定のポイントをご紹介

ささげはコストとクオリティのバランスが大切

ECサイトのスムーズな運営と売上の向上には、クオリティの高いささげ業務が必要不可欠です。すべての業務を高いレベルで内製するのは難しいため、プロの技術を持った専門業者に委託することで、完成度の高い商品写真や正確なサイズ、思わず買いたくなる原稿を用意すると良いでしょう。

ささげ業務の外注先を選定する際は、コストとクオリティのバランスを見極めることが大切です。用意できる予算と納品物のクオリティが見合っているかを十分に検討しつつ、自社のブランドイメージを十分に実現してくれる業者に依頼しましょう。

オープンロジでも倉庫業務に加えてささげ業務のサポートを行っています。ささげ業務の委託をお考えの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ