ECパッケージカートとは|メリットやハードル、選定時のポイントについてご紹介

2020年10月12日

ECパッケージカートとは|メリットやハードル、選定時のポイントについてご紹介

ECサイトの構築は、専門知識が必要なイメージがあるかもしれません。しかし必要な機能が最初から備えられており、その上デザインなどは自由にカスタマイズができるパッケージ型のECカートがあります。パッケージ型のカートといっても、さまざまな種類があるので、何を基準に選んだら良いかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はECサイトの構築を検討されている方に対して、ECパッケージカートの概要やメリットとハードル、そして選ぶ時に参考になるポイントについてご紹介したいと思います。

ECパッケージの概要

ECパッケージとは|ECサイトに必要な機能を備えた構築システム

ECパッケージとは楽天やAmazonなどのモール型ECサイトとは異なり、自社サイトでECサイトを運営していくときに運営に必要な基本的な機能を備えられたシステムの一つにです。

商品や在庫・、売り上げ管理などの管理機能はもちろんのこと、ECショップに必要な決済機能、そしてECサイト自体のデザインを自由に行うことができえ、お客様が買い物しやすいようなサイト設計なども可能です。加えて、自社やその他外部システムとの連携など幅広いカスタマイズもできます。

パッケージ型は一から自由にデザインができるフルスクラッチ型と、安価にECカートの構築が可能なASP型のちょうど間を取った「いいとこ取り」ができるECカートシステムと言えます。

一方で、パッケージ型はEC事業での売り上げが1億以上の方や中小規模のEC事業者の利用が向いているシステムと言えます。なぜなら、このカートは構築やサーバー維持にも費用がかかるものが多く、初期費用だけでも数十万円以上、月額数万円から数十万円かかることがあるからです。これからEC事業を始めていく方やまだ売り上げ見込みが立っていない方、完全に個人で運営する方はややリスクが高いカートでしょう。

ECパッケージとASP型の違い|機能を構築するかレンタルするか

ECカートを調べる上でパッケージ型とASP型の二つがあげられます。よくどちらのECカートも「基本的な機能が備えられている」と紹介され一見似たように見えますが、さまざまな違いはあるのでよく比較して選定することをお勧めします。

パッケージ型

パッケージ型は、ソフトウエア自体を購入またはダウンロードして構築し、自社で用意したサーバーで運用するシステムです。そしてECサイトを運営する上での基本的な機能は、大方用意されています。

近年発売されているパッケージ型ソフトは、フルスクラッチ型に負けないほどの拡張性も持っているものも多くあります。ですがシステムが古くなってしまった場合は、自社でシステムを更新していかなければなりません。変化の激しいEC業界において、最新トレンドに常に対応していくだけのリソースが必要です。

ASP型

ASP型は、サービス提供会社が提供しているクラウドからレンタルして構築するカートです。費用は無料で始められるものから、高くても月額数万円程度のものが大半を占めます。システムもECサイトを運用するために必要な環境が用意されており、自動的にバージョンアップや最新のシステム機能も提供会社が随時更新してくれます。

このような点から、ECサイトを初めて運営する方にとっては比較的挑戦しやすいECカートだと言えます。

しかしクラウド上でシステム構築が完結するのは便利な反面、それ以上にカスタマイズ性が低いのが弱点です。あくまでもレンタルしている状況なので、システム提供側がサービスを停止・倒産してしまったら、一気にECシステムが使えなくなるリスクを抱えているのがも、ASP型のハードルの一つです。

EC事業が大きくなるにつれて、お客様への充実したサービス拡大を検討し始めたり、運用側としても管理機能をより充実させたいと思う事業者の方はも多くいらっしゃいます。そのような時に、APS型では思ったように機能の充実ができないことに不便を感じて、パッケージ型のサイトにリニューアルする方も中にはいます。

このようにパッケージ型・ASP型は特徴が異なります。それぞれのメリット・ハードルを理解し、自社の事業の規模や状況などにあわせて選択しましょう。

ECパッケージのメリット・ハードル

メリット:機能・デザイン共に柔軟性が高く他社との差別化が図れる

パッケージ型の特徴は基本的な機能は押さえ抑えつつも、自社独自の機能やデザインをECサイトで構築できることです。

デザインはECサイトにおいて、お客様のイメージを左右する「顔」になる大事な部分です。ASP型の場合は、基本的に提供されている機能の中でしかカスタマイズができません。そのため、どうしても他のサイトと似たようなサイトデザインや構成になり、少し普遍的な印象を持たれてしまいます。

一方で、パッケージ型はデザインのカスタマイズも自由に可能なので、自社のブランディングに沿った世界観が統一されたサイトを作成できます。

また蓄積された消費者データなどに基づいて、より購入されやすいECサイトのシステムづくりや導線設計なども可能になります。

運営の視点から見ても、カスタマイズが自由にできるのは重要なポイントです。自社サービスをより拡大させるための機能や特殊な販売方法、商品管理の側でも自社の業種やシステムとあわせた独自にシステム開発を行い、より効率的なEC業務運営ができるしょう。

もちろんこのようなカスタマイズには専門知識を持った人材が必要になりますし、バージョンアップするときなどはコストも発生します。ですがこのように柔軟性高くカスタマイズできることで、数多くある競合他社の中で明確に差別化が図れるというのは、大きなメリットではないでしょうか。

ハードル:導入時だけでなくランニングコストが高くつく可能性がある

ECパッケージの初期費用は、開発を自社の専門スタッフで行うか外注するかでも異なりますが、数十万〜百万円以上のコストがかかるのが一般的と言われています。構築だけでなく、ライセンス料金、カスタマイズ料金、インフラやサーバーなどの環境整備に加え、毎月の保守費用、機能の追加やバージョンの更新のために追加の費用が必要です。

早ければ1日でEC事業が始めれるASP型カートと比べると、導入から構築・運用開始まで時間がかかってしまうのがパッケージ型のハードルです。もちろんその間は別のECカートで運営していない限り、EC事業で売り上げが立たない状況が発生します。意外と忘れがちですが、運用開始までの期間にかかるのも、頭に入れておいた方が良いでしょう。

そして自社で運用を行なっていく場合には、システムやサーバー管理に必要な専門的な知識を有している人の採用コストの発生、やもし外部に委託する場合は外部委託費用もかかることを考えなければいけません。

ですがゼロベースでECサイトを構築するフルスクラッチ型に比べると、短期間でなおかつ初期費用も抑えられます。ASP型カートは確かに最初は低コスト&短期間で運用開始ができますが、売り上げに応じて手数料が発生するサービスなので、売り上げが大きくなるにつれいて負担が重くなります。

課題を感じてから改めて別のシステムでサイトをリニューアルする場合、逆に大きな費用負担が発生することから事業拡大の枷になる可能性もあるでしょう。それならはじめからパッケージ型でスタートするのもコストを節約するひとつの方法です。

このように各ECカートごとに一長一短ですが、パッケージ型の場合は1ヶ月のコストは大方固定費用となります。そのためさまざまな観点から、月々の運用コストを算出し、EC事業での売上や成長率も見越してバランスを考えて検討しましょう。

オープンソース型カートのメリット・ハードル

メリット:カスタマイズ性・自由度が高い

オープンソース型のECカートは、無料でシステムを構築するためのソースコードが公開されており、そのソースコードで自身で構築していくECカートです。

メリットとしては全て自由に構築することができるので、カスタマイズ性と自由度が非常に高いところです。提供されるソースコードは、誰でも無償で使用でき、複製・改変・再配布も自由です。またプラグインで新しい機能を追加することも可能です。

システム構築を行える知識と技術さえあれば、自分の思い通りにさまざまな機能を装着したり思い通りのデザインを実装させることができます。

ECサイトを運用し始めると、「あの機能が欲しいな」と当初想定していた機能では足りないとことも出てきます。途中のシステム追加などはASP型やパッケージ型の場合は、システム提供側からブロックされていることも多く、拡張が難しいことがほとんどです。

しかしオープンソース型であれば、徐々にカスタマイズをするなどの自由度が高くあります。また他システムとの連動性や自社での管理の手軽さも魅力の一つです。

事業の成長に応じて一緒にECサイトも進化していくことができるのは、オープンソースの大きなメリットではないでしょうか。

ハードル:専門的な知識が必要・構築に時間がかかる

自由にカスタマイズできるのは魅力的ですが、その分カスタマイズには開発に時間とコストがかかります。

無料のオープンソースのため、導入から運営管理やバージョンの確認、バグ対応など全て自社で責任を負う必要があります。不具合の発生やセキュリティなどの問題が発生した場合は、自社で対応しなければなりません。

加えてデザイン面から見るとHTMLやCSS、機能面を充実するにはJavaScriptやPHPの知識や技術が必要になります。コストの面でも、構築を外部業者に依頼する際には人件費がかかるのはで大きなハードルです。

その上ソースコードが無料でインターネット上に公開されているいうことは、セキュリティ対策を万全に行う必要があります。特にお客様の住所や名前、クレジット番号などの個人情報漏洩が発生した際には、自社の信用が大きく傷つく事業継続にも関わる重大な問題に発展いたします。

オープンソース型のECパッケージを利用するためには、このような問題発生時に対応ができる高度の専門知識を有したスタッフがいなければ難しいでしょう。

【コラム】自社のフェーズに合わせてECシステムを見直した方が良い理由

自社ECの規模拡大によりカートの種類がボトルネックになる可能性があるため

ECは始め方によってはコストをかけずにスモールスタートができるため、比較的ハードル低く始めることができる事業です。しかしコストを押さえて始めてから事業が大きくなるにつれて、使用しているカートシステムのサービスによっては不自由を感じることが多くなることがあります。

利用料金の安いプランが多いASP型カートは簡単・手軽に利用できる分、機能やデザインのカスタマイズ性に制限が多く設定されています。はじめは既存の機能だけで事足りたとしても、規模が大きくなればそれだけ顧客が増えるため、提供しなければならないサービスも増やさねばならないでしょう。

自社ならではのサービスや販売方法などを展開していくときに、制限のあるカートですとそれがボトルネックになる可能性が高いです。 課題を感じる前、または予測できたタイミングでカート移行を考える必要があります。既存顧客を減らさないためにもカートの移行はスムーズに行わねばなりません。常に自社ECカートの状況を把握しておくことも大切ですが、事業をスタートする前から大体の自社の売上や運用方針の予測を立てておくことも大切です。

ASP型はパッケージ型カートと比べると高く見えるかもしれません。しかし長期的に運用するとなれば見方は変わってきます。事業立上時にかかるコストばかりに目を向けるのではなく、先々を見据えたコストもきちんと検討対象に入れることが求められます。

ECパッケージ選定時のポイント  

ポイント1:自社の先を見据えてサービス内容を調査・選別する

ECサイトを構築したい場合に必要な機能は、当初から装備されているものも多いですが、事業に沿って求めるものを自分たちでカスタマイズすることができるかどうかを調査しましょう。

具体的に挙げると、お客様のユーザビリティを高めるカスタマイズから、運営側の業務を効率化する基幹システムとの連携、会員データを活用した店舗連携のオムニチャネル対応のサイトなどの機能が拡張機能として提供されているところがもあります。 それに加えて近年リリースされているパッケージは、フルスクラッチに匹敵するほどの拡張性を持っているものもあります。

そのようなパッケージを選ぶと、デザイン面・機能面共に独自のECサイトを構築できます。

また、忘れがちなのが、システムが安定しているかどうかという点です。サイトを構築したばかりの時は、アクセス数が少ないのであまり気にしない点ですが、どんどん成長するにあたってアクセスは増加します。 人気サイトになった時にシステムが対応できなかった、となると大きな売上を失うことになります。

導入の時点でサイトが大量アクセスに対応できるかなど、安定した運営が可能かどうかも確認するべきポイントの一つです。 パッケージ型は初期の構築費用が発生しますので、コスト面では大きい負担になるかもしれません。ですがEC事業を本気で成長させたい企業は「ECパッケージ」を選ぶ傾向にあるようです。

ポイント2:スモールスタートでも構築可能なパッケージを選ぶ

将来は大きく拡大していきたいものの、最低限の機能で小さくスタートした後に、徐々に機能の拡大を行っていきたいと考えられている方もいるのではないでしょうか。これからEC事業を立ち上げる方は、ECサイトを運営する上でどんなシステムがあればよいかなど見当がついていない方もいるでしょう。

提供会社の中にはスモールスタートで業務のシステム化ができるようなパッケージ型カートを提供しているところもあります。小規模からはじめたい事業者様は、先々の事業の拡大に応じて後々使いやすいECサイトへと「育てていける」環境を選びましょう。

ポイント3:サービス内容とコストのバランスを見極めて選定する

ECパッケージの中でもライセンス料が無料で使えるオープンソース型のものと、料金を払って購入するパッケージ版があります。無料のものであれば初期費用はかなり抑えられますが、自社でカスタマイズを行ったり、問題が起きた時の対処を自社で行わなければなりません。そして別途サーバー利用料などが発生します。

有料のECパッケージでは初期費用こそ掛かりますが標準機能は設定済みであり、自社ではカスタマイズのみ行えば済みます。 このようにコストによって受けられるサポート体制や、機能の中身を天秤にかけて選択する必要があります。

選定の際には数年先のことまで想定し、時代の変化に合わせて柔軟に対応できるECサイトをを選ぶことが大切です。移り変わりが早いEC事業では、導入したパッケージがすぐに古いものとなってしまい、新しい機能を追加したり、大幅リニューアルの必要性が出てくることも少なくありません。

このようにECパッケージを導入するにあたって、必要な初期費用はもちろんのこと、月々のランニングコストはしっかりと確認しておく必要があります。無料のものを使う場合には、年に数回のシステム改修費なども想定しておいた方が良いでしょう。導入に費用が少なくて済むものの、売り上げ手数料によってコストが嵩むASP型ECカートとは異なり、パッケージ型はかかるコストが比較的明確です。だからこそ問題なく使用できるかどうかのバランスの見極めは重要と言えます。

ECパッケージおすすめ5選  

小規模から大規模まで対応「EC-CUBE」

出典:https://www.ec-cube.net/

「EC-CUBE」は、35000店舗以上の導入実績があり、小規模から大規模まで対応した国内でも高いシェアを誇るパッケージ型のECサイトシステムです。多くのパッケージ型の場合は費用がかかりますが、EC-CUBEは初期費用は無料。必要な基本機能も揃っているため、サーバーからダウンロードするだけで導入することができます。

そして豊富なプラグインが用意されており、機能が必要になるに応じて、ストアから有料ダウンロードすることができ、カスタマイズ性が高く理想のECサイトを構築することが叶います。 またBtoBに特化した機能を追加したパッケージ「EC-CUBE B2B」という別パッケージも販売しています。

オープンソースで自社ECを立ち上げたい方におすすめ「Magento」

出典:https://magento.com/jp/

「Magento」はアメリカ発のオープンソース型パッケージサービスです。

こちらは無料のオープンソース型と有料版があるため、ミニマムで運用を始めたい方はこのオープンソース版は無料で始められるのも、とても嬉しいポイントです。海外でも多く導入されているため、国内外に対応した配送や多言語対応はもちろんのこと、多通貨決済が可能です。

サポート面に関しては海外発のパッケージであるため、日本語のサポートはまだまだ十分とは言えないのが一つハードルになります。ですがデザインなどが特に欧米向けに好まれるデザインやインターフェースを採用しているため、将来的に越境ECも検討されている方には適したECパッケージでしょう。

短期間でEC立ち上げが可能「cs.cart」

出典:https://cs-cart.jp/

「cs.cart」はロシアで開発されたパッケージで、クラウドからダウンロードできる「cs.cart」と、Amazonなどのマーケットプレイスに出品ができる「cs.cartマーケットプレイス版」というパッケージ型の二つに分かれています。

こちらも世界27言語対応や多通貨決済、海外の配送会社との連携が可能です。ソースコードが暗号化されていないため、自由に編集できるのも魅力です。

ダウンロードした時点で、特にカスタマイズしなくてもテンプレートが標準装備されており、商品・在庫・注文管理のような基本機能だけでなく、SNSとの連携が最初から備え付けられています。サーバー付きプランも有料であるため、ASP型カートのような感覚で運用できます。短期間でのECサイトの立ち上げを希望しており、スピードを重視したい人にとっては嬉しいポイントになるでしょう。

EC立上実績が豊富「ecbeing」

出典:https://www.ecbeing.net/

「ecbeing」は、豊富なオプションと1300社以上のEC立ち上げ実績を持つパッケージです。

カスタマイズ性も非常に高く、極端なカスタマイズでなければほとんどの機能が実装可能とされています。何かトラブルがあった時に頼れるサポート体制も24時間365日常駐なので安心です。多くのお客様情報を扱う上で心配なセキュリティ管理も情報セキュリティの認証を取得したマネジメント会社が運営しています。

また専任のマーケティング担当者が、戦略からWEB広告から、デザインまでトータルサポートしてくれます。サイト運営だけでなくマーケティングもサポートしてもらえるのは、嬉しいところです。カルビーやJR東日本、タカラトミーなど日本を代表する大企業が利用している点も信頼できるポイントとなるでしょう。

大量のアクセス・受注にも対応「EC-ORANGE」

出典:https://ec-orange.jp/

「EC-ORANGE」はEC-CUBEをベースとして制作されたパッケージです。ソースが公開されているので、自社・外部開発を含め自由にカスタマイズできるのがポイントです。

大きな特徴としては大量アクセスに対応できるシステムことが上げられます。ECサイトを運営する上では、アクセス集中によりサーバーが落ちてしまうと大変大きな営業損失になります。 それを防ぐためにも、安定したインフラは必要不可欠です。

EC-ORANGEでは月間売上数十億以上、秒間数百PVに対応でき、大量注文などに対しても安心できる環境が整っています。インフラ、アプリケーション、データ管理の面から検証して、盤石なセキュリティ環境を構築しているだけでなく、構築段階におけるアプリケーションの脆弱性も排除してくれます。

EC-ORANGEではふるさと納税向けのECサイトも構築した事例があります。締め切り間近に多くのアクセスが集中することが想像される、ふるさと納税向けECサイトを運営しているということから、サーバーの安定性に対して説得力があることが伺えます。

自社の規模・フェーズに対応できるECパッケージを選ぶことが大切

パッケージ型のECカートは、導入するにあたってさまざまなメリットとハードルがあります。自社の規模やEC事業の成長度合い、今後の展望なども長期的に見てフェーズにあったECカートを選択することが求められるでしょう。

また自社ECの運営には、多くのリソースと時間を割くことになります。そのためEC事業の中でも外注できそうな物流業務等は、アウトソーシングを検討するのが望ましいでしょう。俯瞰的な目線で適切なECサイト全体の運用を検討し、時には頼れる外部リソースを積極的に活用することで、よりEC事業が成長するためのよりよい環境を整えることに繋がります。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ