ECカートのASP型カートシステムとは|ASPカートの詳細や利点、選定時のポイントについて解説

2020年10月2日

ECカートのASP型カートシステムとは|ASPカートの詳細や利点、選定時のポイントについて解説

ここ数年で多くの事業者の方がEC事業に参入していますが、EC事業を始める際には、ECカートを選定しなければなりません。

そして近年多くの事業者や個人の方にが「ECを簡単に始められる」と人気のECカートが「ASP型」です。今回は、このASP型カートの詳細やメリット、そして選定時のポイントについて解説していきます。

ASP型カートシステムの概要

ASP型カートシステムとは|プラットフォームを介して利用できるカートシステム

ASP型カートシステムとは「Application Service Provider(アプリケーション・サービス・プロバイダ)」の略で、ECサイト運営者向けに提供されているプロバイダシステムのことです。

ASP型カートシステムでは、ECカートを構築するための最低限の機能をは全てインターネット上のクラウドでサービス提供をしています。そのクラウド型のサービスを利用することで、EC事業者は自社で一からECサイトを構築することがなく、気軽にECサイトを立ち上げることができるため、近年注目を浴びています。テレビCMでも放映されている「BASE」や「STORES」などもこのASP型のECカートシステムを提供しているサービスに該当します。

ASP型カートはECサイト自体の作成機能もついていることが多いため、インターネット環境さえあればすぐにECサイトを始めることができます

通常ECサイトを立ち上げるにはシステムの構築、サーバーの契約、サイトのデザイン設計など、さまざまな作業が必要です。しかしが、ASP型カートシステムなら、そのような手間を削減でき、低コストそして短期間時間でEC事業を開始することができます。

ASP型ショッピングカートは気軽に始められるため、小規模の事業者の方から個人の方まで、多くの方が利用しています。

 

パッケージ型とASP型の相違点|パッケージ型は購入・ASPはレンタル

現在、一言にECカートといっても、さまざまなサービスがあります。その中でも良く比較されるものが「パッケージ型」と「ASP型」の二つです。二つの違いを比べると、下記のような違いがあります。

    

パッケージ型

パッケージ型は、最低限のECカートに必要なシステムが搭載されており、自社で必要な機能やデザインに合わせてカスタマイズできるECカートのことです。さまざまな会社からソフトウエアが販売されており、それを購入してからシステムを構築していくので持ち家を購入するようなイメージです。

すべて一から構築していくフルスクラッチ型のECカートに引けを取らないほどのデザイン性があるため、独自のECサイトを構築できるのが大きな魅力です。フルスクラッチ型と比べるとコストも低く、構築までの時間も短い時間で完成することができます。

実際にかかるコストとしては、導入には初期費用に数百万円かかり、ECサイトでの売り上げが年間で1億円以上の法人が、パッケージ型の導入を検討し始める目安とされています。

また自由にカスタマイズできることから、ASP型のカートでは難しい自社の基幹システムとの連携や、管理画面機能などの細かいカスタマイズも可能です。在庫連携などの自社業務全体と紐づけた大規模なシステム連携ができることは、大きな魅力の一つといえます。

ただしパッケージ型の場合、サーバーは別途契約が必要であったり、カスタマイズしていく上で、ある程度の専門知識が必要です。そのため、インフラ整備にコストが発生し、保守管理していくためのランニングコストも念頭におかなければなりません。きちんと管理をしなければ、変化の激しいEC業界においては、あっという間に時代遅れのシステムとなる恐れがあるため、定期的な更新は必須です。

ですがカスタマイズ性が高く、機能をどんどん拡張できる点はとても大きな魅力です。EC事業が大きくなってきた、または最初から大きい売り上げの立つ見込みのある事業者の方は、一度検討してみるのも良いでしょう。

  

ASP型

ASP型カートは、インターネット上のクラウドでシステムが提供され、そこで提供されている機能の中で構築していくECカートになります。パッケージ型と違い、システムを購入する形ではなく、スペースをインターネット上に借りているイメージです。

一番のメリットは、圧倒的低コスト・短期間で始められるということです。ハードルが比較的低いため、ECに新規で参入した企業や、個人で始める中小規模のEC事業者は利用しやすいでしょう。

ただし、あくまでもスペースを「レンタル」している形になるので、万が一利用しているサービスが撤退、サポート終了となれば、自社のEC事業も影響を受けることは必須です。こういったリスクがあることは念頭に入れておきましょう。

ASP型カートのメリット・ハードル

 

メリット1:簡単に導入することが可能

ASP型のプラットフォームは、登録を済ませるとEC事業を始める上で必要な既にさまざまな基本的なシステムが備えられています。登録すれば当日中から数週間という短期間で事業をスタートすることができます。

また、初めて操作する方にも分かりやすく、簡単に操作できるシステム設計になっており、サポート体制も整っています。不明点や困ったことがあればすぐに解決できるので、事業スピードを止めることなく進められます。

構築にかなりの期間や工数をかける必要があるパッケージ型と比べると「ASP型」はすぐに何か新たな事業を始めたい方や、EC事業を試験的に始めたい方など、スピード感を持って事業を展開したい方に大変おすすめです。

 

メリット2:他ショッピングカートと比べてコストを安く抑えられる

ASP型カートシステムの一番のメリットとしてコストの低さが挙げられます。パッケージ型カートシステムと比較しても、月額費用が安価に抑えることができるため、初期費用にかかるコストだけでなく、ランニングコストについてもトータルで低く抑えることが可能です。

最低限必要なシステムはASP型カートシステムを提供している運営会社によって提供され、システムの更新も行ってくれるため、他カートシステムでは別途必要となるシステム更新の費用なども必要ありません。

ASP型カートシステムといっても提供会社は多岐にわたり、初期費用が無料なものから有料なものまでさまざまです。各プランによって異なりますが、有料の場合でも数百円〜数万円と金額にも差があるだけでなく、契約料金によって使える機能や商品登録数が異なるので、注意が必要です。

EC事業を新たに始めるにあたり、売り上げの目途が立っていなかったり、大きな売り上げが見込めない事業者の方にとっては、コストが安く抑えられる点はとても大きなメリットです。

 

ハードル1:カスタマイズに制限があり自社のカラーを出しにくい

ASP型はEC事業に必要な機能が最初から備わっているものの、カスタマイズに制限があり、この点はハードルになります。

基本的にサービス提供会社が提供している機能の中でしか、カスタマイズできないことが多いため、フルスクラッチ型やパッケージ型などと比べると、ASP型はデザインのカスタマイズ性に制限があるのが現状です。

また、お客様にきめ細かいサービスを提供し、他社との差別化を図りたいと考えられる事業者の方も多くいらっしゃるかと思います。ASP型カートが思うようにカスタマイズができないことで、提供したいサービスが実現できないこともあるでしょう。

自社のシステムや外部システムとの連携が難しく、運用していく上でもカスタマイズの制限はハードルとなる可能性があります。

事業の成長性やECサイトで実現したいことをイメージした上で、パッケージ型を選択したり、ASP型から移行するという決断も一つの手でしょう。

 

ハードル2:規模によってはコストが割高になる可能性がある

ASP型のECカートは、売り上げが伸びれば伸びるほどコストが割高になるカートもあります。ASP型の場合、初期費用や月額費用が無料である代わりに、売り上げに応じてサービス提供会社に手数料を払うところがほとんどです。売上が伸びれば伸びるほど、必然的に支払う手数料がどんどん高額になるのです。

またECカートのプランによって、アイテム数の登録の上限があり、数を増やそうとすれば追加料金が発生するところもあります。、コストを発生させずに新たな商品を登録するには商品を削除する必要がありか、それが難しい場合はプランの金額の引き上げをしなければなりません。

長期でECを運営する、あるいは一定の売上が見込める場合には、ハードルの一つとして念頭に置いておいた方が良いでしょう。

ASP型カートの選定のポイント

 

ポイント1:コストとサービスのバランスを見極める

ASP型カートはそれぞれメリットとハードルがあるため、自社のEC事業に投資できるコストとサービスのバランスを見極めて、選定する必要があります。

「初めてEC事業に着手する」「とりあえず試験的にEC事業を始めてみたい」といった場合は、コストが低く最低限の機能が揃っている無料のカートシステムから運用をスタートするのもよいでしょう。

ですが、すでにEC事業を行っていたり、「EC事業をのさらに発展させていきたい」「売り上げを大幅にアップさせたい」という理由でECカートを選定されている場合は、売り上げに応じた手数料のコスト、きめ細やかなサービスや自社内の管理体制との連携などを踏まえて、ASP型以外のカートでのサイト構築も視野に入れることをお勧めいたします。

カスタマイズ性に制限のあるASP型カートですが、にはな充実した拡張機能やサービス展開を提供している運営会社もあります。利用カートを選定する際には、自身の事業の立ち位置と求めるサービス、そしてコスト面のバランスをみて、最適なカートを見極めることが肝心です。

 

ポイント2:自社と似ている会社が多く利用しているASPを選択する

基本的な機能が最初から準備されていおるASP型カートでも、自社の業種や商材によっては、適していないカートがあります。

例えば、アクセサリーなどを取り扱う事業者の方であれば、プレゼント用に購入を考えるお客様のこともあらかじめ想定されるでしょう。その場合は、プレゼント用のオプション設定をECカートで設定可能かどうかなど、細かいシステムカスタマイズができるかも確認する必要があります。

実際の利用時を想定し、自社と同じ商材を扱う他の事業者の方が利用されているECカートを選ぶと良いでしょう。

また販売する先のお客様が法人向けのBtoB向けなのか、一般消費者であるBtoC向けなのかでも必要な機能が異なります。現在、無料で使えるASP型カートはBtoC向けのものが多いです。BtoB向けにECサイトを立ち上げある場合は「取引先によって価格設定が異なる」「請求方法は月末にまとめて一括請求書で処理したい」など、販売先が法人ならではの複雑な機能が求められます。

導入してから「あの機能が足りない!」となっても、カスタマイズが難しいASP型のカートですと、機能の後付けが出来ずに自社のビジネスとうまく適合できない可能性があります。各ASP型カートのサービスを提供している会社のホームページでは、さまざまな業種の導入事例やインタビューなどを公開しています。カートを選定する際には必ず確認しておきましょう。

ポイント3:自社に必要な機能をあらかじめ絞り込んでおく

ASP型ECカートはオプションとしてさまざまな機能を提供しているカートもたくさんあります。

例えば「レコメンド機能」では、一度購入した商品から関係性のある商品や「他の人はこのようなものを商品を購入しています」などとオススメを表示することができるものです。この機能は、購入者ごとに最適化されたおすすめ商品を表示されるため、購入者の購入単価を上げる施策として有効とされています。

また購入者に向けて、クーポンを発行できる機能を有しているところもあります。さまざまなセグメントに分けてクーポンを発行することで、消費者の購入意欲の促進が期待できます。

支払いに関しても決済の種類を確認する必要があります。ECカートを提供しているサービスによっては、決められた決済方式しか対応していないことも多いです。例えば、メインターゲットが若年層の学生である場合、自分のクレジットカードを持っていない場合も想定できます。そのような状況だと、着払い決済が可能なのかなども確認しておいた方が良いでしょう。

そのほかにも、商品をカートに入れたにもかかわらず、購入しないままサイトから離脱してしまうのを防ぐ「カゴ落ち対策機能」や、購入者が発送先などを入力する時にミスを防ぐ「EFO機能」などECサイトならではの機能がたくさんあります。ですがこのような機能が最初からついていなかったり、有料会員しか使えないことも多々ありますので、最初から使える機能の範囲はきちんと確認しておきましょう。

【コラム】自社ECとモールの違いと特徴

 

自社EC|自由度が高く自社のブランドイメージを定着させやすい

自社ECとは自社でドメインを取得し、企業自身が運営するECサイトのことです。モールでのECと比べてデザインやカスタマイズの自由度が高いので、自社ブランドの世界観を自由に表現でき、ブランドイメージを定着させやすいのが特徴です。

ですが、モール型ECのように知名度を使った集客ができないため、自社でブランディングやマーケティングを行い、集客までの導線を確保しなければなりません。そのためには、SEO対策やリスティング広告を打つなど集客施策が必要となります。

また、自社でTwitterやInstagramなどのSNSやブログなどのソーシャルメディアを使って、情報発信やファン獲得施策を行うのも施策の一つです。

自社ECの場合、モール型ECサイトとは異なり顧客情報は全て自社で管理となります。顧客データを使って、サイトコンテンツの充実や今後の広告・販売戦略を検討できるなど、自由なマーケティングが行えるのは大きな利点でしょう。また、過去に購入履歴があるお客様に対して販促活動などを行えば、リピーターを獲得することも望めます。

自社ECはある程度の収益を見込めるようになるまでには、知名度を上げたり集客をするまで時間がかかることがほとんどです。ですが、一度火がつくと一気に事業として成長する可能性を秘めているのは自社ECの強みです。長期的な目線を持ってじっくり取り組んでいきましょう。

 

モール|集客力が強く消費者に認知されやすい

複数のショップを集めて構成したインターネット上のデパートのような存在がモール型のECサイトです。日本では、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのECモールが高い知名度を誇っています。商品ページも各モールのドメインになります。新規顧客獲得は、モールの中で検索され、比較検討された結果、新規のお客様を獲得することができます。

モール型ECサイトのメリットは、有名モールの知名度を利用して出品できると点です。商品やショップ自体の知名度が低くても、モールのブランド力によって、商品を探しているお客様さんがモール内で商品を検索することで、自社の商品とマッチングすることができます。

また、購入者にとっても有名モールの中に出品しているということで、ショップの信頼度の向上が期待できます。モールの中のランキングで順位を上げることができれば、ショップ自体の知名度も上げることができるでしょう。

サイトの運用についても、自分たちで構築が必要な自社ECと違い、既にテンプレートがあるモールは比較的簡単に出品することができるのもメリットです。

ですが、多くのショップが出店していることから同業他社での競争は激しく、売り上げが伸びない可能性もあります。差別化を図ろうとして、値下げ競争になってしまうことも。また出店料や販売コミッションなど自社ECではかからないコストも発生します。

簡単に出店しやすい反面、モールのブランド力が強いため、ショップの個性が出しにくく、自社ブランド自体が育ちにくいという側面もあります。ブランディングを怠れば、お客様から見ると「楽天やAmazonで買った」としか認知されないのです。

自社ECと比較すると有名モールはの知名度が高いため、短時間での成果を求めようと考える方には、集客力があるモール型ECサイトはおすすめといえます。

ASP型カートおすすめ5選

 

デザインの自由度が高く世界的に有名「Shopify」

出典:https://www.shopify.jp/

世界175ヵ国以上で使用されているカナダ発のプラットフォームがShopifyです。

大きな魅力の一つが、デザインの自由度が非常に高い点です。導入コストは、最低プランでも29USドル(約3,200円)とすべて有料のプランからになりますが、その金額とは思えないほどの自由なカスタマイズと、海外発のサイトらしいオシャレで洗礼されたECサイトを構築できるのは大きな魅力です。

無料・有料含めて数千にも及ぶ膨大な数のアプリが提供されており、機能の拡張がしやすい設計になっています。ECサイトを運用するにあたって、欲しかった機能をどんどん組み合わせていくことで、管理や運用の利便性がどんどんアップしていくのは嬉しいポイントです。

HTMLやCSSを操作しての変更も可能であるため、サイト構築の知識があればより一層充実したサイト設計が可能です。

Facebookや楽天市場などの連携も可能であったり、多言語対応にも強いのも利点でしょう。低コストながら、お客様のイメージを左右するECサイトのデザイン・ブランディングもしっかり考えたい事業者の方には、オススメのECカートです。

 

初心者でも簡単にECを立ち上げられる「STORES」

出典:https://stores.jp/

STORESは、初期費用・月額費用が無料のプランで初心者でも気軽にECサイトが立ち上げられるECカートです。また、無料のフリープランであっても、決済方法も豊富で登録可能な商品数は無制限であるのも嬉しいポイントです。決済手数料は、5%かかりますが、月額1,980円のスタンダードプランに変更すると3.6%に引き下げられるため、ある程度売り上げが安定してきたら切り替えを検討しても良いでしょう。

また、決済の種類も定番の銀行振り込みやクレジット対応はもちろんのこと、無料のフリープランでも電子マネーの楽天ペイに対応しています。有料のスタンダードプランになると、Amazon Payに加えて、代引きも対応可能です。まだまだ日本で根強い人気を誇る代引きも決済手段に含まれているのは、安心できるポイントです。

基本の機能だけでなく、ショップへのアクセス解析やGoogleアナリティクスなどのマーケティングに必要な分析ツールが最初から装備されています。

人気のファッションコーディネートサイトのWEARとの連携があるのも大きな特徴です。WEARに登録したアイテムを、STORESの自社ストアで販売できるため、人気サイトという別チャンネルでのお客様の流入を期待できるのもは大きなメリットでしょう。

 

国内認知度が高くシンプルで使いやすい「BASE」

出典:https://thebase.in/

テレビCMが放映されており、国内での認知度も非常に高いBASEは初期費用・月額費用ともに0円でECサイトを作成することができるサービスです。

基本的に無料でECサイト運営に必要な機能が利用できるだけでではありません。機能の充実を図りたい方に対して、一部有料のものもありますが拡張機能(Apps)を追加することで、より使いやすいECサイトにカスタマイズすることができます。

HTMLを編集できる機能も供えられているので、知識がある人は自在に時カスタマイズできるのは嬉しいポイントです。

ですが別途発生する料金として、「BASEかんたん決済手数料」があります。商品購入が成立した際に1件の注文ごとに3.6%+40円に加えて、サービス利用料の3%が発生するものなので、売り上げが上がれば上がるほど支払い手数料も増えることになります。

BASEは知名度が高いだけではなく、SNSなどの広告運営、またBASE出店店舗であれば、渋谷マルイに出店できる「SHIBUYA BASE」などの展開をしています。若い世代をターゲットにはじめてのECサイトを検討中の方には、おすすめのサービスです。

 

サポート体制が万全で安心「futureshop」

出典:https://www.future-shop.jp/

futureshopは株式会社フューチャーショップの運営するサービスです。

こちらは全て有料のプランですが、一番安いスタンダードプランの場合は、初期費用22,000円、月額22,000円となり、商品登録数の上限によってそれぞれ料金が変わってくるシステムになっています。ですが、他のASP型ECカートと違って、futureshopに対する販売手数料はどのプランも無料です。

futureshopの特徴の一つとして、サポート体制が万全であるということです。電話やメールでのサポートはもちろんのこと、定期的にセミナーを開催し、自社ECサイトの売り上げアップのための勉強会から会員限定のものまで、幅広い内容を提供しています。

まだfutureshopを導入していない事業者の方に対しても説明会などのサポートを行っています。また、売り上げアップの個別のコンサルティングまで実施しているため、初めてのEC事業の運用で悩みが出てきても、プロにすぐに相談できる体制があるのは安心できるポイントです。

このように初期費用や月額料金で見ると割高に見えますが、販売手数料やその後のサポート体制の充実さを考えると、納得のいくコストでしょう。

 

低コストで機能性も充実「カラーミーショップ」

出典:https://shop-pro.jp/

カラーミーショップは、GMOペパボ株式会社がサービスを提供しているASP型ECカートです。

カラーミーショップの料金体系は3つに分かれており、一番高いプランでも初期費用が3,000円、月額費用が7,223円と他の有料カートに比べて低コストにも関わらず、商品登録数は無制限です。また、カラーミーショップは決済手数料はかかるものの、販売手数料を無料であり、自社サイト内では無料のECカートとの料金比較をした年間コストの概算を公開しているので、カート選定時にはチェックするのが良いでしょう。

商品の受注や在庫状況、決済情報などの管理機能を、スマートフォンでも確認できる専用アプリも無料で提供されています。パソコンを開かなくても、スマートフォンさえあればいつでも確認できるのは手間がかからず魅力的です。

外部のクラウドソーシングサービスと連携して、ECサイトのデザイン作りを外部に依頼できる有料サービスも提供しています。パソコン操作が苦手でもサイトデザインにこだわりたいときに便利なサービスでしょう。

ASP型カートは自社に合ったサービスを見極め選択しよう

さまざまな特徴を持ったAPS型のカートがありますが、自社に適したものを見つけるためには事前の調査・情報の整理が必須です。EC事業で求めるサービスや将来像はもちろんのこと、必要な機能や月々のコストなどを整理して、多角的な目線でサービスを見極めていきましょう。

またEC事業の運営は、今回のようなECカートの構築だけでなく、商品の管理や保管、そして発送など多岐にわたります。

物流アウトソーシングのプラットフォームを提供しているオープンロジでは、今回ご紹介したShopify、STORES、BASEとのAPI自動連携が可能です。日々の物流業務を一気に効率化、自動化することで、円滑なEC事業の運営が実現できます。ホームページにはASP型カートと連携して運営されている事例を多数掲載しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ