STORESの送料設定について解説|送料設定のポイントも合わせて詳しくご紹介

STORESの送料設定について解説|送料設定のポイントも合わせて詳しくご紹介

ネットショップを始める上で、必ず考えなければいけないのが送料の設定です。送料設定は難しいと捉えられることが多いですが、STORESでは発送方法や送料の設定を簡単にできるので、ネットショップ運営初心者の方でも安心して設定できます。

送料を決めるときにはいくつか気をつけた方が良いポイントがあります。今回は送料設定で押さえておきたいポイントやSTORESの送料設定方法について詳しくご紹介したいと思います。

STORES送料設定の詳細

条件付き送料設定が可能

ネットショップにおいて送料の値段設定や送付方法は、規模や扱っている商品によって異なります。STORESでは送料を細かく設定することができ、条件付き送料設定も可能です。

例を挙げると「購入金額3,000円以上は送料無料」といった購入金額を条件とした送料設定があります。このような送料設定をすることで、お客様は送料無料の金額まで買い物をしようという心理が働くため、一人あたりの購入単価が上がるとされています。

また全国一律料金を設定しているところも多く見られます。

送料詳細設定手順

送料の詳細を設定する前に、STORESでは発送方法を決める必要があります。STORESで採用されている発送は「メール便」と「宅急便」の二つになります。

「メール便」はポストに直接入れられるアクセサリーやポストカードなどの軽くて小さい商品を発送するのに適した配送方法です。メール便を取り扱っているのは日本郵政の「ゆうメール」ヤマト運輸の「ネコポス」佐川急便の「飛脚メール便」になります。

「宅急便」は洋服や器などポストには投函できないような大きさの商品を配送するときに利用する方法です。日本郵政の「ゆうパック」ヤマト運輸の「宅配便」佐川急便の「飛脚宅急便」がこれに該当します。

発送方法を選ぶポイントとしては、ネットショップで販売している商品に適しているかどうかだけでなく、配送の早さや配送料金などを比較することが大切です。どの配送方法を利用するか慎重に見定めて決めましょう。

手順1:送料の設定(全国一律の料金設定の場合)

送料は、STORESの管理画面であるダッシュボードにログイン後「ストア設定」から「送料設定」から設定することができます。

「送料設定」の「編集する」ボタンをクリックすると、「送料」を入力する箇所が出てきますので、「送料」に金額を入力して保存をクリックすると完了します。

全国一律の送料設定の場合は、購入個数や配送場所に関わらず、1件の注文に対してここで設定した送料が自動的に加算されます。そのため、お客様にとってはとてもわかりやすい送料設定といえるでしょう。この一律料金の算出方法は、配送料の全国平均に梱包資材料と梱包にかかる人件費などを加味して計算されることが多いです。

手順2:送料無料設定(全国一律の料金設定の場合)

お客様の購入単価を上げるために、ある一定以上の金額を購入されたお客様には、送料無料にする設定をされているネットショップも多くあります。その場合もダッシュボード内の「ストア設定」の「送料設定」画面で設定することが可能です。

ダッシュボード内の「送料設定」の「編集する」ボタンをクリックしたときに「送料」の箇所には入力せず「送料無料設定」のチェックボタンにチェックを入れます。その欄にある設定したい金額を入力して「保存する」をクリックすると適用されます。

手順3:送料を発送方法や地域別など詳細設定したい場合

その他の送料の詳細設定を行う場合は、最初にダッシュボードのメニューから「機能を追加」をクリックし「送料詳細設定」をONにする必要があります。ただし、これをONにすることで、既存の送料設定はリセットされますので、注意が必要です。その後ダッシュボードの「ストア設定」から「送料設定」に進み「編集する」をクリックすると、発送方法の詳細を設定する場面となります。

発送手段を複数設定したいときは「宅急便」「普通郵便」「ポスト便」などと発送手段を選択する場面が出てきますので、そこをクリックします。その後は、個別に送料を入力すると発送方法別に料金設定が可能です。

また、北海道や沖縄など地域別の料金を設定したい場合は、発送手段の設定ページにて設定可能です。設定したい都道府県をプルダウンで選び、金額を入力して保存します。地域を追加したい場合は「地域を追加」ボタンを押すと、追加での地域の入力ができます。このとき個別に設定する地域以外は送料が一律での料金が適用されるので、注意が必要です。

手順4:送料の計算方法の設定

料金だけの設定だけでなく、商品の送料計算方法の設定も必要です。例えば、同じショップ内で複数購入された方がいるとします。その際に一つのアイテムごとに送料が発生する形で送料を計算するのか、商品を一括してまとめた送料で計算するのか設定する必要があります。

これらを設定できるのは「送料設定」画面の「オプション設定」内にある「送料の計算方法」です。ここをクリックすると、3つの中から計算方法を選択することができます。

3つの計算方法には違いがあります。

「アイテム個数ごとに送料を加算する」は複数アイテムを購入した際に、アイテムの個数と比例して送料も一緒に加算される計算方法です。この計算方法だと、ショップ側が送料で損することはありませんが、お客様の送料の負担が高くなります。

「発送手段ごとに送料を加算する」は、お客様が複数購入された場合に発送方法が同じ場合は、商品一つ分の送料しか発生しない計算方法です。この場合お客様の負担は減りますが、同じものをお客様が多く購入すればする分だけ、ショップ側の負担が大きくなる可能性がありますので注意が必要です。

「送料が一番高い発送手段でまとめて発送する」は、お客様が複数商品を購入した場合にその中の最も高い送料で発送されるため、お客様の負担は最も低い計算方法です。しかしショップ側の負担が一番大きくなります。

これらの3つの中から計算方法を設定する際に、送料の上限を設定することもできます。そのためお客様が負担する送料が高額になる計算方法を採用している場合は、事前に設定しておいた方がとても良心的な送料設定となるでしょう。

手順5:送料を商品に反映させる

送料を設定したら忘れずに設定したいのは、送料を商品に反映させる作業です。「送料手段の一括設定」という画面から、登録した発送手段を選択して一括ですべての商品に送料を適用させることができます。

また一つ一つのアイテムごとに送料の設定を行うためには「アイテム登録」ページの編集画面から「国内発送」をクリックし、プルダウンで登録した発送手段を選択すると登録することで可能です。

送料設定のポイント

ポイント1:消費者目線を意識した料金設定を心がける

ネットショッピングで購入するお客様は、送料に関して大変シビアな目線で見ていることがほとんどです。同じぐらいの値段で似た商品を出店しているネットショップが複数ある場合、送料が低いお店の方で購入するなど、送料が判断基準の一つとされることもあります。そのため「○○円以上購入したら送料無料」や「全国一律送料」を設定することで、お客様が送料がお得に感じる送料設定を設定しているネットショップが多いのです。

また商品代金に送料の一部を上乗せするという考え方もありますが、商品代金を全額上乗せして「送料無料」とすると「商品表示法」に抵触する可能性があるため注意が必要です。

このように送料もお客様から購入する際の判断基準となるということを頭に置いて、お客様に気持ちよく購入してもらえるような送料の料金設定を心がけましょう。

ポイント2:利益率を考えて決定する

送料がお客様の判断基準の一つとなるとはいえ、ネットショップを運営する上で送料が原因で赤字になってしまったら元も子もありません。そうならないためにも利益率を考えて送料を決めるということが大切です。

利益率とは売上げに対する利益の割合で、1,000円の商品を販売するときに仕入れ値や制作費が400円送料が200円だった場合は、利益が400円となります。つまり利益率は40%となります。

利益率が下がると、当然ですが手元に残る利益が減るため、自身のショップでどれぐらいの利益率で運営を行うかを考えておく必要があります。また利益率を設定しておくと「これぐらいの値段なら、一部送料をショップで負担することができる」など、送料を検討するときにも考えやすくなります。

利益率を設定するときに気をつけたいのが、梱包を行うときの時間や梱包資材費などの見落としやすい物流に関する項目です。梱包に時間がかかる商品であれば、その分人件費などのコストがかかるため、当然利益率も低くなります。そのため物流業務の効率化なども、利益率を上げるために検討しておく必要があるでしょう。

ポイント3:STORESは離島地域の送料設定は対応していないので注意

STORESでは離島地域のみ対応した送料設定はできないので注意が必要ですが対応方法はあります。「商品アイテム」として離島地域へ別途商品として作成・表示し、その商品アイテムを商品と一緒に注文してもらうことで、必要な配送費用を補うことが可能です。

離島地域の方からの注文が入ったときには、お客様へ分かりやすい表示にするため決済前に告示ボード機能などを利用して案内をすることも大切です。

ただし送料専用という商品登録としても、STORES全体から見ると商品と同じ扱いとなるため注意が必要です。そのため離島への配送送料専用として登録商品にも決済手数料は発生するので、念頭に入れておきましょう。

自社に適した送料を設定し売上を伸ばそう

はじめてネットショップを運営する方は送料設定で悩むことも多いかと思います。今回ご紹介したようないくつかのポイントを押さえることで課題を解消することに繋がります。

送料を含めたEC運営業務全般はお客様の目線を意識しつつ自社の利益も考えなければいけないため、双方のバランスを取るのが難しいところです。しかし便利なサービスや既存の知識に頼ることで自社負担を軽減し事業拡大に繋げることも可能です。

送料以外に工数やコスト計算が難しいものの一つとして挙げられるのが物流関連業務です。STORESでは指定倉庫に自社の商品を預けるだけで、商品の梱包や発送まで一気に物流業務のプロにお任せできる倉庫サービスを展開しています。このサービスは使った分だけの従量課金制ですので、コストがとても明確なのも嬉しいポイントです。

オープンロジではSTORESの倉庫サービス並びに他ECストア・モールの物流も自動化が可能です。ぜひこの機会に物流の外注も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ