YouTubeの集客方法を徹底解説|メリットやポイントも併せてご紹介

YouTubeの集客方法を徹底解説|メリットやポイントも併せてご紹介

YouTubeの動画配信は、上手く活用することで企業にとって大きな集客効果が期待できます。しかし、まだまだデジタルへの進出が進んでいない業界も多いため、YouTube集客をどのように始めれば良いのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、YouTubeの集客方法について徹底解説します。メリットやポイントについても詳しくご紹介しますので、YouTubeを使った集客を行いたいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

YouTube集客の概要

「YouTubeが集客に使える」と耳にしたことがある方も多いと思いますが、実際にどのように活用できるのか詳しく知りたいという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、YouTube集客の概要を分かりやすく解説します。

YouTube集客とは

YouTube集客とは、文字通り「YouTubeを活用して集客を行うこと」です。企業などの事業者がYouTubeのアカウントを取得して自社商品やサービスの特徴やメリットを解説し、視聴者に興味を持ってもらうのが主な目的です。

動画を視聴して自社の商品やサービスへの関心が高まった視聴者を自社のECサイトなどの媒体に誘導することで購入につなげて、新規顧客の獲得や売上アップを実現できます。

また、YouTubeは既存顧客の顧客満足度向上にも役立ちます。既にリピーターになっているECストアの商品やサービスの新たな魅力を動画を通して知ることで、顧客単価が向上したり、他のユーザーにも勧めたいと感じてもらえるようになり宣伝効果が高まります。

YouTubeは無料でアカウント登録できるため、参入のハードルが比較的低いのも特徴のひとつです。「チャンネル」と呼ばれる自社の動画投稿ページをお気に入りに登録するユーザーが増えれば、動画に広告を流して収益化したり、YouTube上でグッズ販売を行ったりすることも可能になります。

YouTube集客が効果的な理由

YouTube集客は販促効果が高いことで知られています。なぜYouTube集客が販促に効果的なのか、その理由を解説します。

理由1:「読む」より「見る」ユーザーが増加している

以前は「動画を視聴する」というアクションは一般的ではありませんでしたが、今やインターネット上にはさまざまな動画があふれています。インターネットユーザーは日常的に動画に接するようになり、テキストを「読む」よりも動画を「見る」ことによって情報を得ている人が増えてきました。

動画は再生ボタンを押して目の前に流れてくる映像を見るだけで情報を得られることから、効率的な情報収集の手段として多くの人に活用されています。

理由2:事業者の意図が順序通りに伝わりやすい

読むことによって情報を得るテキストは、人によって受け取り方が大きく異なる場合があります。中には誤解を生んだり分かりにくかったりして事業者の意図が正確に伝わらないこともあるでしょう。

しかし、動画はあらかじめストーリーを組み立てて、その筋道に沿って進行していくため、事業者の意図が順序通りに伝わりやすいというメリットもあります。このことも、YouTubeが集客に向いているといわれる理由のひとつです。

YouTube集客のポイント7つ

YouTube集客を行う際は、次の7つのポイントを意識することで集客効果を高められます。それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント1:ターゲットを選定・明確にする

まずは、YouTubeで配信する動画のターゲットを明確に選定することが大切です。制作した動画を誰に見てもらいたいのかがはっきりしていなければテーマがぼやけてしまい、誰が見ても刺さりにくい動画になってしまう可能性が高いからです。

商品やサービスの販促動画であれば、動画の配信ターゲットは「自社の商品やサービスのメインターゲット」とも重なるでしょう。つまり、自社の商品やサービスを誰に対して販売したいのかが明らかになっていなければ、集客効果の高い動画を作るのは難しくなってしまうともいえます。

YouTube集客を始める前に、あらためて自社の商品やサービスのターゲットはどこなのかを振り返り、チーム内で意識を共有しておくと良いでしょう。

また、ターゲットを選定すると同時に「何のために動画を配信するのか」も定めておく必要があります。商品やサービスの認知度を高めたい、ECサイトの流入数を増やしたい、リピーター率を向上させたいなど、目的によっても配信する動画の内容は変わってきます。動画を制作する前に獲得したい成果を定めて、目的を達成できるような動画の配信を企画しましょう。

ポイント2:SEOを意識したタイトルをつける

YouTube集客においても、SEO対策は重要です。自社チャンネルの投稿動画をできるだけ多くのユーザーに見つけてもらうためには、内容が充実した動画を制作することも大切ですが、ひと目見てユーザーが興味を持つようなタイトルをつけることも意識する必要があります。

ユーザーがYouTubeで新しい動画に出会う方法として大きな比率を占めているのは、興味のあるキーワードを検索することです。したがって、「どのようなキーワードなら自社の動画を見つけてもらえるか?」を十分に検討し、動画のタイトルに検索されそうな重要ワードを入れるなどの工夫が効果的です。

SEO対策と言うとGoogleを思い浮かべる方が多いかと思いますが、Googleでよく検索されるキーワードとYouTubeで人気が高いキーワードは異なります。大まかな傾向を知るためには、自社の商品やサービスに関連するキーワードを検索欄に入力してみると「オートコンプリート機能」で関連キーワードが表示させるのも有効です。

ポイント3:動画は定期的に配信する

YouTubeの動画は、できるだけ定期的に配信すると集客効果が高まります。例えば毎日配信しているYouTubeチャンネルの動画は「毎日見に行かなければ」と思うユーザーを獲得しやすく、自然と再生回数も増えるので、チャンネル自体の注目度が高まりやすくなります。

しかし、動画が不定期に配信される場合は毎日見に行く必要がないため「新しい動画が投稿されたときに見に行けばいい」と思われる原因になり、そのうちチャンネルの存在自体を忘れ去られてしまう可能性もあります。

基幹業務の合間に動画を制作しなければならないため、毎日の配信は難しいかもしれませんが、可能な限り一定のサイクルを決めて定期的に配信することをおすすめします。「このチャンネルは見に行くといつも新しい動画がある」と思ってもらえれば、ユーザーからの満足度は高まり、高評価にもつながります。

ポイント4:サムネイルに工夫を凝らす

ユーザーがYouTubeで動画を視聴するかどうかを判断する情報源は、動画のタイトルや説明文の他にサムネイルも大きいといえます。サムネイルは動画を検索した際に最初に目に留まりやすい情報であり、インパクトのあるサムネイルはそれだけで「見てみたい」と思わせる効果があります。

サムネイルが魅力的でなければあえて見てみようと思わずに動画を素通りしてしまう可能性もあるため、サムネイルには工夫を凝らすと良いでしょう。

クリックしたくなるYouTubeのサムネイルを作るためには、「フォントを揃える」「写真の色合いを整えて統一性のある画面にする」「文字を使わずに画像だけで表現する」「左上に小さなサイズでロゴを掲載する」などが効果的だといわれています。

しかし、投稿する動画の内容によっても効果が高い手法は異なるため、まずはいくつかパターンを変えながら動画を投稿してみて、自社に適したサムネイルを採用すると良いでしょう。

ポイント5:概要欄も分かりやすく記載する

YouTubeの動画を投稿するときに「概要欄」に動画の概要を記入します。この概要欄を分かりやすく記載するのも、集客効果を高めるためには重要です。

印象的なタイトルやサムネイルに惹かれて動画ページをクリックしてもらえたとしても、ユーザーは概要欄を参考にしてさらに動画の内容を確認し、時間を割いて視聴するかどうかを見極めます。

そのため、仮に概要欄に何も書かれていなければ「時間を無駄にするかもしれない」「自分が探している動画ではないかもしれない」と不安が募り、検索結果のページに引き返してしまう可能性が高くなります。ユーザーが安心して動画の視聴をスタートできるように、概要欄には「この動画はどのような内容なのか」を分かりやすく記載しましょう。

近年ではインターネット上に情報が溢れかえっており、全ての動画を視聴するのは現実的ではないことから、ユーザーによる情報の取捨選択も厳しくなってきています。「時間を割いてでもぜひ視聴してみたい」と思ってもらえるように、タイトルやサムネイル、概要欄など、あらゆる項目をできるだけ親切に記載するように心がけましょう。

ポイント6:広告は貼らずに再生数を意識する

チャンネル登録者数が1万人を超えると、YouTubeのパートナープログラムに参加できるようになり、動画の収益化が可能になります。投稿した動画内に広告を貼り付けて、動画の再生時や再生中に他社の広告動画を視聴してもらうことによって、再生回数に応じた広告料が発生するという仕組みです。

しかし、広告の存在はユーザーの視聴を妨げる原因になるため、販促を目的とした動画に広告を掲載するのはおすすめできません。「広告が邪魔で最後まで視聴したい気持ちになれない」と考えて離脱してしまったり、「この企業は動画の収益を目的にしているんだ」と判断されて良い印象を持たれなくなったりする可能性があるからです。

動画の再生数が収益につながると思うと広告を貼り付けたくなるかもしれませんが、販促動画に発生する収益はよほどの再生数でない限り企業にとっては微々たるものです。

そのため、広告はあえて貼らずに再生数を伸ばすことを意識して、できるだけ多くのユーザーに自社の商品やサービスの魅力を届けることに専念した方が結果的に高い販促効果を得られる可能性が高いでしょう。

ポイント7:ECストアに誘導する導線も忘れない

YouTubeで集客を行う最終的な目的は「自社の商品やサービスを購入してもらい、売上を上げること」です。そのため、動画内や概要欄などにECストアのURLを掲載して、導線を確保することも忘れずに行いましょう。

せっかくユーザーが動画を視聴して自社に興味を持ったとしても、ECストアにたどり着くまでの手順が分かりにくいと「後から調べればいいや」と思い、そのまま忘れられてしまう可能性が高まります。残念ながら、余程の興味を持った商品やサービスでなければわざわざ検索して購入しようとするユーザーはそれほど多くはないのです。

動画ページからそのままECストアに遷移できる導線を確保することで、見込み客の取りこぼしを防ぎ、YouTubeの集客効果を最大限に活用できます。

YouTube集客のメリット・デメリット

YouTube集客には、メリットもデメリットもそれぞれあります。双方の側面を知った上で、自社に適した活用方法を見つけることが大切です。

メリット1:低コストでスタート可能

YouTubeは無料でアカウントを作成できるため、低コストで集客施策をスタートできるというメリットがあります。まだ事業を立ち上げたばかりのスタートアップ企業や、小規模で集客施策に多くの予算をかけられない事業者にとっては、YouTubeが心強い味方になってくれるでしょう。

YouTube動画は投稿を続けていくと自社の資産になり、何もしなくてもユーザーに自社の商品やサービスの特徴やメリットを自動的に伝えてくれるツールとなります。制作の際に一時的な手間やコストはかかりますが、一度作れば削除しない限りは半永久的にインターネット上に残り続けるため、YouTube動画を自社の資産として蓄積していく施策は有効です。

基幹業務の傍らで密度の濃い動画を作る時間を捻出するのは大変ですが、YouTube集客は続けていくと大きな見返りを期待できる集客施策のひとつです。

動画を通じてユーザーからの関心が高まれば、ECストアへの流入も増加して直接的に売上アップにつながります。最初のうちはなかなか閲覧数が増えずに効果を感じられない時期が続くかもしれませんが、ターゲットを的確に絞り込んで目的を明確にした動画を根気強く投稿し続けていれば、少しずつであっても着実にファンは増えていくでしょう。

メリット2:ユーザーの信頼獲得に繋がる

YouTubeに投稿した動画を通して自社の魅力を伝えられれば、ユーザーからの信頼獲得につながり、新規顧客やリピーターが増加するきっかけにもなります。

動画は見るだけで受動的に情報を得られるので手軽であり、なおかつ親近感や信頼感をアップさせやすい効果もあります。ストーリー性のある動画で自社ブランドに親近感を持ってもらうことができれば、ECストアの運営にも大きくプラスになることでしょう。

近年では集客施策の一環としてSEO対策に取り組む企業が増えていますが、1から自社のメディアを育てて検索順位を高めるのは難易度が高い作業です。しかし、YouTube集客ならYouTube自体がGoogleから高い評価を獲得していて上位に表示されやすいという特徴があり、自社の投稿した動画も検索結果の上位に表示される可能性は高いといえます。

また、YouTubeを集客に利用する企業は増えてきていますが、業界によってはまだまだデジタル化が十分に進んでいないことも多いでしょう。その中でいち早くYouTube集客を始めれば、業界の先駆者として注目を集める存在になることも可能です。

デメリット1:動画編集のスキルを要する

動画を制作するためには、動画編集の専門的なスキルが必要になります。動画の原案となるストーリーを作成して全体の流れを組み上げて、映像や音声などの素材を活用して動画編集ソフトで1本の動画に仕上げなければなりません。動画制作に取り組んだことがない方にとっては、ハードルが高く感じられる作業だといえます。

また、視聴者にインパクトを与えられるサムネイル作成のスキルも必要になります。前述のように、YouTube集客を成功させるためには「この動画を見てみたい」と思わせるようなサムネイルでユーザーの関心を高めることも重要です。そのため、「どのようなサムネイルならインパクトを与えられるのか?」を理解した上で、イメージを具体的に表現できるスキルが求められます。

1から動画編集のスキルを習得するのが難しい場合は、直感的に動画を制作できる動画編集ツールなども数多く登場しているため、力を借りてみるのも手段のひとつです。「動画を作る方法は全く分からないけれどどうしてもYouTube集客に取り組みたい」という場合は、動画編集を代行してくれる企業に依頼する方法もあります。

デメリット2:効果を得られるまでに時間がかかる可能性

YouTube集客は、取り組み始めてすぐに効果が出ることはそれほど多くありません。チャンネルを開設したばかりの頃はまだ自社の存在を認知している人がいないため、動画を投稿しても閲覧数の増加が期待できないからです。

制作した動画が素晴らしい内容だったとしても、見てもらえなければ集客にはつながりません。そのため、まずはYouTubeで動画を見てもらうための集客を行う必要があるといえます。本末転倒なようにも思えますが、YouTube動画はSNSなどの集客ツールとも相性が良いため、連携させることで相乗効果が期待できるでしょう。

新しい動画を投稿したらTwitterなどのSNSでこまめにお知らせすれば、自社のアカウントをフォローしてくれている人に動画を視聴してもらえる可能性が高まります。動画を見た人にSNS上でURLを共有してもらえれば、まだ自社の商品やサービスを知らない人にも興味を持ってもらえる可能性が広がります。

また、ECストア内に自社の動画のURLを埋め込んで商品やサービスの特徴や使い方などを紹介する販促方法もあります。商品の魅力を分かりやすく伝えられるため、最初に自社を知ったきっかけがECストアだったという人にも動画に触れてもらいやすくなり、自社への理解度を向上させられます。

【コラム】物流リソースを手放して集客に注力するのも方法のひとつ

YouTube集客のためには定期的に動画を制作しなければなりませんが、動画制作にはたくさんのリソースを確保する必要があります。そのため、ECストアの運営業務の中でも手間がかかりやすい物流業務をアウトソーシングして集客に注力するのがおすすめです。

物流はリソースを圧迫しがち

物流業務は、ECストアの運営業務の中でも大量のリソースを必要とする業務です。事業が軌道に乗って物流が増加すると、事業を開始したばかりの頃のように日々の業務の片手間に物流対応を行うことは難しくなり、ECストア全体の運営に支障をきたしてしまうこともよくあります。

特に小規模事業者においては、事業規模が小さい頃は1日の業務時間のうち限定的だった物流業務の負担が事業拡大と共にどんどん増大していき、いつの間にか基幹業務よりも物流業務の方がメイン業務のような状態になってしまっている状況に陥ることは少なくありません。

物流体制を万全にすることは、顧客からの信頼維持のためには重要です。しかし、基幹業務が疎かになるとECストア全体の更新作業が滞り気味になってお客様に新しい情報を提供しにくくなり、新鮮な情報を得られなくなったお客様が自社に魅力を感じなくなり離れてしまう恐れがあります。

物流業務の負担が重くなりすぎる前の早い段階で物流外注を検討し、日常的な物流業務はプロに任せて基幹業務に注力するためのリソースを確保することをおすすめします。

ECは急激に物量が増える可能性もある

インターネットの発展によってさまざまな近年ではさまざまな経路で商品を販売できるようになりましたが、ECストアはその中でもとりわけ急激に物流が増えやすい販売チャネルであるといえます。

インターネット上で高い影響力を持つSNSのインフルエンサーやテレビの特集などによって、ECストアの物量は一瞬のうちに激増する可能性があります。

昔からテレビで特集が組まれた商品が次の日には近所のスーパーで売り切れるような現象はよくありましたが、近年ではその現象がSNSの影響によって起こる可能性も高まっており、いつ物量が変動するかはわからない状況にあるといえるでしょう。

近年では、テレビ番組でもSNSで流行している商品やサービスを取り上げる機会は多くなっています。インターネットで話題の商品が多くの人の目に触れる機会がたびたびあるため、自社の商品がどのタイミングで注目されるかは正確に予測することはできません。

これまで安定的な物量を処理していた物流現場であっても、急激な物量の増加が起こるとスムーズに対応しきれず配送遅延や誤配送などのトラブルを引き起こしてしまうリスクがあります。物流の急激な増加は売上の面では利益をもたらしますが、物流品質を大きく悪化させる可能性もあるため、事前の対応が重要です。

物量が少ない段階でもアウトソーシング可能

「物流を外注化したくても、アイテム数が多くない小規模事業者はアウトソーシングの対象外だから難しい」とお考えの方もいらっしゃるのはないでしょうか。たしかに、物流業者によっては大規模事業者だけを対象としていて中小規模の事業者からのアウトソーシングを引き受けていないケースも一部にはあります。

実際にアウトソーシングを検討したものの取引が難しいと断られてしまい、それから物流代行を実現するのは諦めて自社でなんとか物流対応を続けている、という事業者様も多いでしょう。

しかし、中には物量が少ない段階からアウトソーシングが可能な企業もあります。個人事業主や小規模~中規模事業者様を対象としており商品1点からでも預けられる物流業者を選ぶことで、まだ物量が少ない段階からがアウトソーシングを始めることは十分に可能です。

将来的な事業拡大を見据えるなら、物量が少ない段階からアウトソーシングを検討しておくことをおすすめします。物流業務を外注化しておけば高い物流クオリティを容易に維持できるだけでなく、基幹業務に注力して事業拡大することだけに集中できます。

YouTubeでの集客方法について知りECを成功させよう

YouTubeの動画を利用した集客は、活用方法によっては非常に高い集客効果を得られる可能性があります。動画ページ内からECストアへの導線をしっかりと確保することによって、さらにスムーズに流入を促し売上へとつなげられるでしょう。

デジタルへの進出が広がっていない業界でYouTubeに参入すれば、先駆者として一気に注目を集められる可能性があるのでおすすめです。

YouTube集客は効果が出るまでに時間がかかる可能性が高いため、すぐに結果が出ることを期待するのではなく中長期的な視点で継続的に動画を投稿するように心がけましょう。動画制作は初心者にはハードルが高く感じられることも多いため、動画制作ツールの利用や制作代行なども時には検討してみるのも効果的です。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ