アパレル商品に強い物流会社とは|業者選定のポイントや利用するメリットをご紹介

2020年9月23日

アパレル商品に強い物流会社とは|業者選定のポイントや利用するメリットをご紹介

今やわたしたちの生活に欠かせないECサイト。全国各地いつでも気軽に購入できるということもあって、アパレル商品を通販サイトで購入する人が年々増加しています。それに伴って、お客様に直接商品を届ける物流業者の選定が、ブランドの評判を左右すると実感されている方も多いのではないのでしょうか。

また、一つに物流会社と言っても、それぞれ得意分野が異なります。業者を選定する際には、自社にとって適切かどうかの見極めも大変重要になっていきます。

そこでこの記事では、ECサイトの運営を担当しているアパレル業界の方たちに対して、物流業務の概要をご紹介した上で、利用するべきメリットや業者選定のポイントをお伝えいたします

アパレル商品の物流業務の概要

商品の入庫から発送まで工程が多い

アパレル商品の物流業務ならではの大きな特徴が、入荷から発送までの工程が複雑で、作業が膨大であるという点です。
入荷の際の荷受けから始まり、検品・検針各種作業、値札付けやタグ付けなどの加工、そして注文が来た後は、梱包作業や出荷手配など多岐にわたり、多くの人手と時間が必要になります。あわせて、一連の業務にはスピード感と正確さが必要な業務であるため、実際に働く担当スタッフの負担はもちろんのこと、スタッフの教育も大変重要になります。

シーズンにより売れ筋商品が変わるため在庫を抱えやすい

ECサイトの運営で特に悩まされるのが在庫の管理。その中でも、アパレルはシーズンによって売れ筋商品や在庫の量が大きく変動するため、在庫の管理が特に難しい分野になります。ファッションの移り変わりは早く、春物が終えたと思ったら、すぐに夏物のシーズンが終わり、そして在庫がどんどん倉庫内に増えていく……。そして、想定以上の保管場所が必要になった場合は、急遽保管場所を探すことも……このような状況で、頭を抱えた経験がある方も多いのではないのでしょうか。

サイズや色の種類が豊富で管理が大変

アパレルを扱うブランドの場合、トップス、ボトムス、アウターウェア、インナーウェア、シューズ、アクセサリーなど、さまざまなアイテムを取り扱っています。その上、それぞれの商品の色やサイズはもちろんのこと、いつのシーズンに入荷したものかなど、管理すべき項目が膨大です。

これを管理し取りまとめ、そして一目で分かる状態に整理するにも膨大な時間と労力がかかります。またすでにある管理ツールをより分かりやすく工夫したくても、また一から新たに手をつけるのも大変です。
取り扱い数が増えれば増えるほど、管理が複雑になり、どんどん作業時間が増えてくるというのも、悩ましいポイントです。

物流代行を利用するメリット

メリット1:他の業務に使えるリソースが増える

物流代行を利用することで、自社で人数を割いて行っていた物流担当スタッフの仕事量を大幅に削減することができます。注文が殺到したときには、スタッフ全員で発送業務をやっても一日かかってまだ終わらない、他の業務までまわらなくなってしまった、という経験をされた方もいるのではないでしょうか。

また、その他にも段ボールや資材の管理場所や発注の手間、そしてスタッフの教育工数まで考えると、物流業務の負担が大幅に減るというのが想像できるかと思います。
その空いたリソースを他の業務に生かせることで、業務のさらなる発展、効率化が期待できます。

メリット2:物流の品質を高く保てる

アパレル業界のECサイト運営において、配送ミスや検品ミスは自社ブランドの評判を落とす大きなリスクになります。商品は良いのに、最後の物流業務のミスでマイナス評価が付いてしまうなんて、非常にもったいない!

また、発生したミスの対応なども、非常に神経を尖らせる仕事になります。あわせて、ミスに備えたトラブル対応なども事前に念頭に置いて準備しておかなければなりません。
物流代行を利用し、物流管理のプロにお任せすることで、物流業務の品質の確保、クオリティの確保ができる。これはリスク軽減策の一つとして考えるべき項目ではないでしょうか。

メリット3:在庫の保管場所に困らない

在庫がどんどん膨らんでいき、想定外の量の入庫が必要になった場合など、在庫保管のスペースを確保するのに苦労した経験がある方は多いのはないでしょうか?物流代行業者に在庫管理からお願いすることで、在庫の保管場所に悩まされる心配がなくなります

事業の拡大や想定以上の在庫の保管が急に発生したときも、すぐに相談できるのは安心です。そして、それまで自社の敷地内で確保していた保管場所をを他の用途で利用することができるのはもちろんのこと、その空いたスペースでさらなる事業の発展を検討することが出来ます。

物流代行業者を選定するポイント

ポイント1:任せたい業務内容や物量を明確にする

物流代行会社へ依頼する際には、物流業務のどこまで作業をお願いしたいのか、明確にする必要があります。もちろん、物流代行業者によっては、入庫の部分から発送まで全面的にアウトソーシングをすることも可能です。ですが、自社の状況に応じて、必要な部分だけ依頼することも可能なので、「何をお願いしたいのか」は、一度整理しておきたいポイントになります。

また、依頼するに当たってどれぐらいの商品を依頼するのかも併せて明確にしておきましょう。多くの物流代行業者が荷物の物量で倉庫利用料金などを設定しているので、先に依頼する物量を明らかにしておくことで、物流代行業者とのやりとりもスムーズになります。

ポイント2:代行業者のサービス内容をしっかりと理解する

物流代行業者、といっても各社によって提供しているサービスは大きく異なります。在庫の管理はもちろんのこと、検針やささげなどのアパレルならではの作業や、古着などを販売したい場合には、SKUごと1点ずつの商品の保管・管理をしてもらえることも重要でしょう。海外進出を検討する場合には海外への発送も対応している代行業者を検討しなければなりません。

アパレル分野に強いサービスを持っている物流代行業者であれば、商品の入庫からお客様への発送まで、ワンストップで幅広い業務に対応してもらえるところもあるため、各社のサービス内容も確認してから判断しましょう。

ポイント3:過去の実績や事例などを調べ、信頼できる業者か調査する

アパレル商品の物流代行は、上で触れたように通常の少し特殊な作業が必要となります。そのため、ノウハウや長年の経験実績があるかどうかを、しっかり吟味する必要があります。

依頼したい会社が実際にアパレル商品の物流業務を過去担当したことがあるのかなど、実績が掲載されている会社の方が安心してお任せしてもらえるのではないでしょうか。

また、直接顧客の元へ届ける商品を管理、取り扱いしてもらうため、在庫管理や出荷作業など実際の作業面でも信頼できるかどうかも大切なポイントです。自社ブランドの大切な商品をお願いするわけですから、業者との信頼関係はもちろんのこと、急な相談でも親身になって対応してもらえるかどうかは大事な部分になります。

アパレルの物流はについて見識を深め、適切な代行業者を選定しよう

自社の商品を実際にお客様に届けるところまで対応するアパレル商品の物流代行業者選びは、とても慎重に選定する必要があります。
ご紹介したようなポイントに沿って、自社が求めているサービスと想定コスト、そして過去の実績などを調べて、お客様へのサービスだけでなく、使ってよかった!と思える物流代行業者を選定できたら幸いです。

またオープンロジは、固定費ゼロ・従量課金のサービスを展開しています。商品1点からは始められるだけではなく、海外への発送、様々なECサイトの連携も可能なので、これからECを始められる方にも、急激な需要の増加でお困りの方も一度オープンロジを検討されてみてはいかがでしょうか。

リンクバナー

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ