2020年7月8日

【2020.7.7】アップデート内容をご紹介

いつもオープンロジをご利用いただきありがとうございます。

7/7のアップデートでの更新内容をご紹介します。

    • 入庫不可個口機能を追加しました
    • 品名(英語)の文字数を75文字までに変更しました
    • DHLの出庫依頼時に依頼内容のチェックを行うようになりました
    • アカウント情報変更時の確認メールの送信元メールアドレスを変更しました

入庫不可個口機能を追加しました

保留在庫に入庫不可個口が追加されました。
入庫不可個口は、入庫依頼の特定はできるが商品の仕分けが適切に行われておらず、倉庫側で入庫作業ができないといった場合に登録されます。

今までは、こういった個口は不明個口として登録されていましたが、倉庫との調整などで通常の不明個口と異なる手順で行う必要があったため、入庫不可個口として独立しました。

入庫不可個口は管理画面上からは返送と廃棄のみ選択でき、入庫する場合は個別にお問合わせが必要となります。

入庫不可個口の詳細は下記FAQをご参照ください。

入庫不可個口について

入庫時の適切な梱包方法については下記FAQをご参照ください。

入庫時の商品の梱包について

品名(英語)の文字数を75文字までに変更しました

海外出庫時に商品名を品名(英語)として登録する場合などに、35文字まででは収まりきらないといったケースが増えたため、文字数の制限を75文字までに拡張しました。

海外出庫については、下記FAQをご参照ください。

海外発送について

DHLでの出庫依頼時に依頼内容のチェックを行うようになりました

DHLの出庫依頼で、出庫作業開始後に住所不備などの問題が発覚するという事象が発生していました。
より早期に問題を検知できるように、出庫依頼作成時に配送先などの依頼内容のチェックを行うアップデートを行いました。

出庫依頼作成時に問題が発覚した場合は、対象の出庫依頼は出庫停止状態になりオープンロジから確認のメールが送信されます。

内容はオープンロジ側で調査し、オープンロジ側で問題が解消できれば出庫停止解除、住所不備などで確認が必要な場合はユーザー連絡を行います。

詳細は、下記FAQをご参照ください。

DHLの出庫停止について

アカウント情報変更時の確認メールの送信元メールアドレスを変更しました

今までは請求関連のメールアドレス:payment@openlogi.com から送信されていましたが、アカウント情報関連の連絡用に新設されたメールアドレス:account_request@openlogi.com に送信元が変更されました。

アカウント情報の変更方法は、下記FAQをご参照ください。

アカウント情報の変更方法

 

リリース内容は以上です。

機能改善や新機能追加のご要望がございましたら、下記お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ