物流アウトソーシングとは|詳細やメリット・選定時の注意点について解説

物流アウトソーシングとは|詳細やメリット・選定時の注意点について解説

EC事業を行っている事業者の方々たちの中には、自社内で梱包や発送などの物流業務を行なっているという企業も少なくありません。

ですが、EC事業が拡大するにつれて、物流業務が煩雑化し、必要な時間や人員も増加した結果、他の業務にも大きな影響が出てきてしまい、そろそろ外部に管理を委託を考え始めている方も多いのではないでしょうか。

今回は物流業務の外注化、すなわちアウトソーシングについて検討されている方に対して、物流アウトソーシングの詳細やメリット、選定時の注意すべきことなどいくつかのポイントとあわせて解説していきます。

物流アウトソーシングの詳細

 

物流アウトソーシングとは|物流を外注すること

物流アウトソーシングとは、物流に関する仕事を外部の会社に委託することを指す言葉です。これまで自社で行っていた様々な物流業務を、物流業務を専門に行う業者にアウトソーシングすることで、様々な問題や課題が解決するとされています。

物流における問題は多岐にわたります。コスト削減をしたいが、事業が拡大する上でどんどん経費が膨らんでいくというコスト面の要因、いきなり在庫量が増えてしまい、保管場所を確保できないなどの保管場所の要因、業務量の増加により、人が足りないため、検品ミスや誤配送などが増えてしまったなどの人材や業務面での要因など、次から次へと課題が出てきた結果、本来の業務に大きな支障をきたしているという声も多く上がります。

そういった問題を物流アウトソーシングを行うことで、一気に解消できることがあります。

また外注といっても、配送だけ依頼するレベルから、倉庫の保管や検品・梱包、物流業務の制度設計、配送まで丸ごとお願いする形もあり、それぞれの課題に沿った外注が必要です。

 

3PLとは|第三者に物流業務を包括的に委託すること

現在、多くの企業が物流アウトソーシングを進めていく中、その担い手として注目を浴びているのが、3PLといわれる事業者です。

3PLは、サードパーティロジスティクス(3rd Party Logistics)を略した言葉で、物流業務をお願いする側である荷主と、荷物を受け取るお客様との間に立ち、荷主に対して物流改革を提案して、包括的に物流業務を行い、運用していく専門事業者のことです。

1990年代に欧米から入ってきた3PLという物流サービスは、物流コストの最適化や品質向上といった目標を荷主と共有した上で、「ハードウェア」「ソフトウェア」「ヒューマンウェア」の3つの要素が欠かせないとされています。

具体的な例を示すと、物流拠点である商品を保管する倉庫や貨物車両などのハードウェア、配送業務、物流作業の最適化のために導入するシステムのソフトウェア、そして実際に運用する人材の採用や教育、物流現場体制の構築のヒューマンウェア。このように物流業務の多岐にわたる業務を包括的に運用していきます。

このように物流業務を3PLに依頼することで、本来自社で物流業務を行っていた荷主側が本来の業務に集中できるというだけではなく、コストの削減や物流プロセスの効率化、生産性向上、情報システムの整備によるデータ活用、データ活用による中長期計画の策定など、様々なメリットが挙げられます。 現在多くの企業が利用している3PLは、日本の物流産業の根幹を支える社会インフラのような大切な役割を担っています。

物流アウトソーシングのメリット

メリット1:コストを削減するだけでなく明確にできる

物流アウトソーシングをすることによって、単にコストを削減するだけではなく、物流アウトソーシングによって費用がある程度固定するため、コストを明確にすることができるのも大きなメリットです。

自社で物流業務を行う場合は、在庫管理や保管、検品、梱包、配送など物流作業のコストや、そのための対応スタッフの人件費などがかかってきます。また、繁忙期を迎える時には、臨時的に人を雇って人件費が膨らでしまうところもあるでしょう。また、毎月の物流業務の変動も大きく、発送時にする梱包資材などの必要経費も想像以上に大きく負担としてのしかかってきます。このようにコスト計算するにも様々な角度からすべて徹底的に管理を行い、毎月洗い出さないと支出がとても不透明になります。

ですが、物流の専門業者に依頼することで、プロの目から無駄を省き業務効率化を提案してくれます。そして物流アウトソーシングを利用すると、変動する部分があるとしても、業務委託費などは固定されたコストとなり、変動費に関しては多くのところが入出庫の量に比例したものであるため、一目でわかる形で計上されます。

また、自社の商品在庫などもインターネット上でリアルタイムに確認できるシステムを導入している会社も多く、自社の商品在庫がいつでもどこでも確認できます。

ですが、依頼する物流アウトソーシング先によっては、委託しているサービスの質も期待以下で、かえって追加コストを払って追加で作業をしてもらうということも考えられるためますので、注意が必要です。導入前にはアウトソーシング先の物流業者とサービス面の意識のすり合わせや作業範囲の確認などは重要でしょうとなります。

メリット2:運営などの基幹業務に集中できる

物流アウトソーシングを検討されている理由の一つが「物流業務が膨らんで来て、本来の業務に支障が出てきている」という方も多いのではないでしょうか。物流アウトソーシングを行うことで、「本来やるべき業務にコミットできる」というのは、とても大きなメリットです。

特に、当初は少人数で担当していたEC事業がだんだん軌道に乗ってきて、商品が売れれば売れるほど物流業務に時間と手間がかかってしまっており、他の担当者がヘルプに入り会社全体の仕事まで手が回らなくなってしまう。そして、労働時間も増えた結果スタッフの全員が疲労困憊に……という、始めた当初は想定もできなかった状況に陥っているという事業者の方の声を耳にします。

このような状況を解消するために、思い切って物流業務をプロに依頼したことで物流業務にかかる手間や時間を大幅削減、そしてスタッフの労働時間の短縮など、実際導入したことで様々なメリットがあったという実例もあります。外注するというのは勇気のいることですが、本来やるべき業務に全力で取り組める環境を整えることは大切です。

メリット3:自社のビジネスを拡大できる

これまで挑戦できなかった新たな領域に挑戦できるのも物流アウトソーシング化の大きなメリットです。日本国内だけでも物流アウトソーシング先の3PLは数多く存在しており、各社さまざまな特色を持っています。

ある3PL業者は海外に拠点を構えており、その豊富なグローバルネットワークを利用して海外への発送対応なども行っている会社もあります。「越境EC興味あったけど、海外への輸送はちょっと大変そうだな」とハードルに感じていた事業主の方も、物流アウトソーシングを使うことで、国内発送と同じようにワンストップで海外へ発送すること叶います。

またYahoo!ショッピングなどのECモール、ShopifyやBASEなどのECカートなどのサービス連携を行い、発送に関わる業務を極限まで削減してくれる会社もあります。

このように、これまで挑戦していなかった国内大手のECサイトへの進出や、越境ECなどにも対応している会社へ物流アウトソーシングを行うことで、これまで以上に自社のビジネスを展開できる機会が身近になるのは、今後の経営を考える上でも大きなポイントではないでしょうか。

物流アウトソーシングのハードル

 

ハードル1:トラブル対応が後手になってしまう

仕事をする上でどうしても発生してしまうのがトラブルです。特に工程の多い物流業務は、どんなに対策を講じていてもミスが発生してしまい、その結果クレームやトラブルに発展する場合もあります。

イレギュラーな対応が発生した時には、トラブル発生から状況把握するまで、自社で物流業務を行っていた時よりもどうしてもタイムラグが発生します。

それに加えて、外注先で物流作業を行うため、各作業の情報共有がされにく面もあります。何か起こった時に原因究明などの対応や事態の収拾にも時間が必要とされます。

そのような場合に備えて、依頼元と業務委託先との間でどちらがどこまで対応するのか、責任の範囲の所在などを明確にする必要があります。何かあったときに密に連絡が取れる環境づくりだけでなく、日々の情報交換を意識的の行うことも大事になってきます。

また、委託先と業務フローなどを確認しておくのはもちろんのこと、日々の業務の変化に伴って、定期的にサービス内容の見直しや意見交換など同じ目線で物流業務に取り組めるような関係作りもお互い努める必要があります。

 

ハードル2:自社に物流のノウハウが蓄積されない

これまで自社で行っていた物流業務をアウトソーシングすることで、専門業者によって迅速に的確な対応が行われるのは大きなメリットです。その反面、これまで自社の物流業務で蓄積されたきたノウハウが外部委託することによって蓄積されなくなってしまうというデメリットはあります。

その結果、物流業務に長けた人材の育成が難しくなったり、業務が空洞化してしまうという問題点が発生します。そのため、何か問題が発生した時に自社で解決方法が分からないというよう事態に陥ってしまうかもしれません。

そのようなことを防ぐためにも、ただアウトソーシング先に全ての業務を委託するだけではなく、社内でノウハウを蓄積していくシステムづくりの構築を行う必要があります。

また、委託先との協力しながら物流業務の業務内容を理解してもらうような研修づくりなどの人材育成も意識して取り組んでいく必要があります。一度業務をアウトソーシングすると、再び物流業務を内製化する時や物流業務に詳しい人材を育てようとするときに、これまで以上に大きな労力と時間がかかります。その点も念頭に置いて、物流アウトソーシング化する際に、今一度検討する必要があるでしょう。

 

ハードル3:かえって業務が複雑になる可能性がある

実際にお届けするお客様のために、常により良いサービスを提供し続けたいと考える事業者の方は多くいらっしゃると思います。その時に、物流業務の改善やシステムを変更しようと思っていても、これまでは自社で、自由に体制を変更できたのが、外注かすることで簡単にはいかなくなる可能性があります。

委託先会社によっては依頼元の要望に協力的に応じてくれるところもありますが、その分時間や手間、そして追加費用が発生することも少なくありません。

また自社の作業範囲を明確にする必要もあります。そのため、これまでは属人化していたり、マニュアル化を特に行っていなかった業務フローを一つ一つ整理する必要もでできます。委託後の業務の方が複雑になってしまうことも想定した上で、物流外注を自社に取り入れるか否かを検討するようにしましょう。

物流アウトソーシング先を選定するときの注意点

 

注意点1:自社ECの規模に合ったサービスを取り入れる

現在、日本には物流アウトソーシングを担う業者として、様々な特徴を持った業者があります。低価格を売りにしている業者や、ある業界に特化していたり、細やかな発送対応、海外発送などを行っている会社など多種多様です。そのため、まず自社のECの規模に沿って、委託先のサービスが十分に対応しているか把握する必要があります。

そうでないと、実際契約してみて、「あれ?必要なあの作業が入っていないな」などと後悔することもあるかもしれません。

また商品によっては特別な取り扱い方法が必要だったり、保管場所などや輸送方法も注意が必要な業種あります。ですので、外注先を探す時にはアパレルや食品など、自社の取り扱い商材にマッチしているか、海外配送には対応しているのかなど、自社のサービス内容やニーズと照らし合わせて探すことが大切です。また過去に自社と同じような業種を取り扱っているのかを調べ、実績があるかどうかも大事なポイントといえるでしょう。

 

注意点2:発送代行を利用する目的をはっきりとさせる

そもそも「なぜ物流アウトソーシングが必要なのか」という目的を明確にする必要があります。実はその悩みは自社内で解決できるものかもしれません。物流アウトソーシング先も物流課題に対して、様々な提案を行ってくれます。

それに加えて、サービス導入の目的を明らかにすることで、導入するサービス内容はもちろんのこと、選ぶアウトソーシング先も大きく変わってきります。分かりやすい事例を挙げると、「物流業務の負担軽減を優先したい」のか「ECサイトに海外からの要望があるので、これまで以上に多方面に展開させたい」のかで、アウトソーシング先に求めるサービスが全く異なります。

自社の物流業務の範囲や現在の課題はもちろんのこと、今後の展開まで踏まえて選定すると、アウトソーシング先との良い付き合いが続けることができるでしょう。

 

注意点3:信頼できる業者か見極める

物流業務のアウトソーシング先は、先ほども触れた通り、様々なサービスを売りに出している業者も多く、自社に最適な外注先を選定することは容易ではありません。サービスによって、委託できる業務内容や料金体系はさまざま様々です。

そのため、自社が解決したい物流課題や、アウトソーシングサービスの導入目的を明らかにした後に、まずはいくつか気になる会社に問い合わせてみましょう。要望を丁寧に聞いてくれる会社であるか、コストや条件に見合う会社であるかなど、大事だと考えるポイントを踏まえて比較検討してみてください。

また、物流アウトソーシングを利用する際に、変動費や固定費のなどの細かい部分は、見積もりを取ってきちんと確認しましょう。特に変動費に関しては、どの項目がどういう条件で変動するのかは大事なポイントです。何かトラブルが発生した時のサポート体制や保障に関しても、きちんと整備されているかも明確に提示してもらえるかどうかも確認しましょう。

単に物流業務をアウトソーシングすることで業務の効率化が進むだけではなく、自社の大切な商品をお客様にお届けする直前に取り扱うという重要な業務になります。そのため、本当に信頼してお任せできるかどうかは今後のビジネスの発展に関わる最重要ポイントと言っても過言ではありません。

各業者のホームページをみて、過去にどのような実績があるかを確認するのはもちろんのこと、また現状の問題点について親身に答えてくれるかどうかも含めて、慎重な見極めが重要です。

【ご紹介】オープンロジなら物流の自動化が可能

固定費ゼロ!使った分だけ費用が発生する従量課金制を採用

物流アウトソーシングサービスを運営するオープンロジは、シンプルで使い勝手の良い物流アウトソーシングのプラットフォームを提供しています。これまで全て手作業で行っていた商品登録や在庫確認、出庫指示など物流業務をオンラインで確認できることから、パソコンでもスマートフォンでも、WEB上ですべての業務が可能です。

初期費用・システム利用料は不要なので、固定費はかかりません。費用は使った分だけの費用が発生する従量課金制を採用しているので、コストも分かりやすいと好評です。

海外越境ECにも対応

日本国内だけでなく、海外への発送も対応可能です。通常、海外への発送はその国ごとに通関手続きや関税など複雑な工程が発生しますが、オープンロジでは国内と海外それぞれ統一的なオペレーションシステムをご用意しています。面倒な海外への送り状発行や荷物追跡など、あらゆる業務がWEBで完結します。

世界120カ国への海外発送がワンストップで実現できるので、海外への越境EC事業を検討されているお客様には最適な物流アウトソーシングプラットフォームです。

 

ShopifyやネクストエンジンとのAPI連携も可能

現在、世界175ヵ国以上で使用されているECサイトのプラットフォームである「Shopify」や、Yahooや楽天、Amazonなど複数のECサイトの受注管理、在庫管理、ページ管理を一括で行う日本最大手のクラウドサービス「ネクストエンジン」などの各種サービスとのAPI連携もオープンロジなら可能です。

このような外部サービスとオープンロジとAPI連携することで、実際に利用されている多くの企業様からは、「発送作業の時間が大幅に削減できた」「システムの連携性がよく、工程が少ないので簡単に発送が可能」「発送ミスが以前より大幅に減った」などのお声をいただいております。そのような事例もホームページで公開しておりますので、是非一度ご確認ください。

※導入事例:https://service.openlogi.com/category/case-studies/

物流業務は外注することで業務の効率化を図れる!

今回物流アウトソーシングについて、さまざまな視点で解説いたしました。物流業務は皮肉なことにもEC事業が成長すればするほど、作業工数が増えていいき、その結果発送ミスや検品ミスなど、これまでなかったミスが発生し、その対応に時間が割かれてしまうことがあります。

そのようなお悩みも、今回ご紹介した物流業務をアウトソーシングすることで、一気に解決することが望めます。オープンロジでは、煩雑な日々の物流業務をよりシンプルにすることで、お客様が事業のさらなる成長に集中できるよう、サポートしてきます。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ