BASEネットショップから学ぶ!EC成功のポイント

2020年10月30日

BASEネットショップから学ぶ!EC成功のポイント

BASEは手軽にECを開業できる便利なプラットフォームです。個人から法人まで幅広く利用されているBASEですが、いったいどのように運営すれば事業を成功させることができるのでしょうか。

BASEのネットショップを見ることでさまざまなコツを知ることができます。今回はBASEのショップに着目し、そこから見えた傾向や特徴・EC成功のポイント、おすすめのテンプレートなどをご紹介します。

BASEの概要

まずはじめにBASEについて知りましょう。ここではBASEの概要についてご説明します。

BASEとは|誰でも簡単にネットショップが開設できるECプラットフォーム

BASEは誰でも簡単にネットショップを開設することができるECプラットフォームです。

EC開設には、一昔前までプログラミングなどの専門知識がなければ多額のコストがかかりました。しかし今では比較的安価で容易にスタートができるので、大小さまざまな規模感の個人から法人までが進出している分野です。また取扱う商品ジャンルは雑貨や食品、なかには形のない情報商材などさまざまなショップがあります。

現在ECは国内・国外問わず急速に発展をしている業界です。BASEは数あるプラットフォームの中でも特別なスキルを必要せず、簡単にショップを開設できます。この点はBASEの大きな強みといえるでしょう。

ショップ開設数120万以上!

BASEでは120万以上ものショップが既に開設されており、その数字の大きさから人気ぶりを伺うことができます。多くの個人・企業がBASEを利用してショップを開いていることは信頼できるポイントのひとつです。またBASEではショップが豊富なだけでなく取り扱っているジャンルも幅広いため、自社に似たスタイルのショップを参考にすることもできます。

ネットショップを開設するためには事前の下準備やリサーチが必須です。ECプラットフォームはBASE以外にも多数存在します。数多くあるBASEのショップを見てどのようなジャンルが多いのか、自社製品とのニーズは合うかなどしっかりと見極めましょう。

月額・初期費用0円

ECを始める際、コストは気になる点の一つでしょう。EC立ち上げ時にはショップ構築以外にも、商品仕入れや集客対策などにコストが多くかかります。どの業務もEC運営にはかかせないものであり、クオリティを下げるわけにはいきません。

BASEは月額・初期費用共に無料です。ですが、提供されるサービスはとても充実しています。コストをかけずとも本格的なネットショップが立ち上げられるのは、BASEの魅力のひとつでしょう。

しかし全ての機能が無料で利用できるわけではありません。BASEでは商品が売れたときや売上が入金されるときに、それぞれ手数料が発生します。これらのコストは売上が上がるほどに負担が大きくなります。初期費用を安く済ませたからと言って手数料などのランニングコストを無視していれば、経営を圧迫することになりかねません。

ECを開始するときにはしっかりと先々を見据えた事業計画を立てましょう。

BASEショップから見る傾向と特徴

BASEにはさまざまなジャンルのショップが開設されています。ここではBASEショップから見えるショップの傾向や特徴を、各カテゴリーに分けて解説します。

ファッション

ファッションでは主に商品画像をメインに掲載しており、視界からの情報で惹きつける構成になっているショップが多い傾向にあります。商品はトレンドを押さえた商品やシーズン商品はもちろん、自社ブランドの一押し商品など多数あり、それぞれのショップが持つ強みを生かして掲載順を工夫している印象を受けます。

またショップによってはトップページにブランドロゴを配置しているところもあります。ロゴを印象付けることで、訪れたお客様にブランドを認知していただくことに繋がるでしょう。

インテリア

インテリアでは雑貨や小物などの小さな商品以外に椅子などの大きめのものまで、さまざまな種類の商品を取り扱っているショップが多く存在します。BASEのネットショップでは北欧インテリアを専門に扱うところや古民具を扱うショップなど、インテリアといってもひとつのジャンルに絞ってショップを運営されている事業者が多いことが伺えます。

画像は背景を統一し、商品が際立つよう撮影されているものが多く散見されます。また多くのショップで商品であるインテリアだけでなく実際に使用している様子など、そのインテリアが持つ雰囲気を伝える画像も配置されています。実際に手に取らずとも商品の私用イメージが分かるよう配慮されているのは、消費者の購買意欲を促進する効果があるでしょう。

フード

BASEでは食品を販売することも可能です。フードのカテゴリーでは商品がおいしそうにみえることはもちろんですが、どのショップも産地や成分などの詳細をしっかりと読みやすく記載しているのが印象的です。

ECでは自分のために購入することの他、贈答用に商品を選ぶ人も多くいます。フードでは商品そのものだけでなく外装も掲載されているショップが多く、消費者が知りたい細部までに工夫が行き届いています。商品だけでなく外装にも自社独自のこだわりを施すことは、フードだけでなくEC商品なら大切にしていきたいポイントではないでしょうか。

コスメ

コスメは肌に触れる商品のため、各ショップともに成分や商品の使用感など画像では伝わらない情報を細かく掲載しています。ただ情報を記載するのではなく、商品の雰囲気やブランドを損なわないよう言葉選びを慎重にしており、細部にまで気を配っていることが伺えます。

他カテゴリーと比較し、記載されている情報量に比較して文字量も多いですが、その分ショップ構成を比較的シンプルに整えているといえるでしょう。多くの情報を伝えながらも消費者の目を疲れさせない構成は、ショップを製作する上で欠かせない点です。

エンタメ・ホビー

エンタメ・ホビーのショップでは、トップページで一度にたくさんの商品を陳列している事業者が多いことが特徴です。たくさんのの商品を一番初めのページに乗せることで、お客様は手順少なく商品を手に入れられます。このジャンルならではの特徴をもった商品画像が使用されていることで、迷うことなく目的の物を見つけることが可能です。

しかしショップの中には、似ている商品や豊富な種類のものを取り扱っているところもあります。その場合はショップ内でカテゴリーを分けることで、商品をより一層探し出しやすく工夫をされています。

スポーツ・レジャー

スポーツ・レジャーのカテゴリーでは、アウトドア商品やトレーニンググッズなどの多様な商品を取り扱っており、どのショップも商品を際立たせる構成にこだわった作りになっています。レジャー商品は、実際の使用を想像させるような画像が多いのが特徴です。スポーツ商品はファッションにも共通しますが、着用時の画像が豊富に使用されているのが印象的です。

スポーツ・レジャー用品は商品によっては、高額なものも多く慎重になる消費者も多いです。商品の実際の使用感が分かることで、購入したときのイメージをリアルに掴むことができます。ちょっとした工夫が売上を向上させる一助となるでしょう。

ハンドメイド

ハンドメイドカテゴリーでは商品イメージを崩さないショップ構成はもちろんですが、使用されている画像は、商品の細部までこだわって撮影されたことが分かります。ハンドメイドという特性上ひとつひとつの風合いが異なるため、画像はとても重要な項目のひとつです。購入前にしっかりと商品の特徴や取り扱いの注意点を確認できるようにしているところもあります。

またセミオーダー商品を取り扱っているショップもあります。このように細かな対応まで気を配っていることから、ハンドメイドならではの世界観を大切にされていることが伝わります。

BASEショップのEC成功のポイント

BASEのネットショップを見ていくと共通したEC成功のポイントが見えてきます。

既存テンプレートを自社に合わせて変更し差別化を図る

BASEには無料・有料含めショップに使えるテンプレートが豊富に揃っています。どのテンプレートもそのまま使用し、本格的なネットショップを作成することが可能です。しかしBASEで成功しているショップを見ると、それぞれ自社に合わせたカスタマイズをしていることが分かります。

ECで自社商品を販売する際、ブランディングは必要不可欠です。自社のブランドイメージを確立するには、ネットショップのデザインからこだわらなければなりません。BASEで提供されているテンプレートは、色やデザインをカスタマイズすることが可能です。

またスライドショーやSNSリンクを貼るデザインパーツも用意されているので、活用するのもおすすめです。

簡単な操作でカスタム可能な部分もありますが、それには限りがあります。もっと自社ならではのカスタマイズをしたいときにはHTMLやCSSといったプログラミング技術が必要になります。これらの作業は付け焼刃では難しく、専門知識を持ったプロの助けが必要です。

自社にその技術を持った人材がいない場合、新たに雇うか外部に委託する必要があるでしょう。予算があり、始めから着手できればベストですが、売上が立ち、コストに余裕が出てからでも遅くはありません。現時点でできる対策を行うことが重要です。

消費者目線を意識してサイトを構築する

自社ECの方向性を決める時に大切なポイントがターゲットを明確にすることです。ターゲットを明確にすることで販売戦略の立案や集客施策、ブランディングなどを具体的に推進できる土台にもなります。

ショップのデザインはもちろんですが操作性や購入までの導線にも気を配らなければ、お客様が商品を購入にまで至りません。ネットショップを作成するときはついデザインばかりに目がいきがちですが、売上に繋げるためにはお客様目線に立ったサイトの機能・操作性の向上が重要です。

必要な情報がしっかり記載されているかどうかも重要なポイントです。商品の詳細情報は分かりやすい場所に記載されているか、発送方法や送料等は明確に表記しているかなど、商品を購入する人が知りたい情報を欠かさずに掲載しましょう。また商品画像の配置も大切です。人気のある商品を目立つ場所に掲載したり、話題性の高い商品にマークをつけたりなどの細かな工夫も必要でしょう。

ネットショップを製作するときには、消費者目線を意識することを忘れないようにしましょう。

おすすめテンプレートをご紹介

BASEではテンプレートが豊富に用意されています。ここでは無料・有料のおすすめのテンプレートをご紹介します。

無料テンプレート

画像をアピールしたいなら「NATURAL」

「NATURAL」は無料のテンプレートながら洗練されたデザインで画像を綺麗に映えさせてくれるテンプレートです。大きな画像から小さな画像までバランスよく配置されているため、商品の良さが際立ちます。またメニュー表記が上にあるため行きたいページに遷移しやすく、お客様から見て分かりやすいデザインであると言えるでしょう。

画像で商品をアピールしたい事業者様におすすめのデザインです。

商品説明にこだわりたいなら「YUMMY」

画像だけでなく商品説明も詳細を一緒に載せたいと考える事業者様も多いのではないでしょうか。無料で利用できる「YUMMY」なら画像と一緒に商品説明をスタイリッシュに掲載することが可能です。

情報をたくさん載せてしまうとデザインを損ねたり、導線が悪くなったりしがちですが、このテンプレートならばシンプルかつおしゃれに仕上げることができるでしょう。ひとつひとつの商品を詳しく説明したい事業者様におすすめです。

サイトデザインに迷った時は「CLASSIC」

シックなデザインが特徴の「CLASSIC」は、シンプルなデザインで比較的どのジャンルにも利用することができるでしょう。またメニューツールが横にあるため、商品の種類が多く細かくカテゴリーを分けたいという事業者様にもおすすめできます。

有料テンプレート

豊富なカスタマイズ機能を搭載「Fortune」

出典:https://design.thebase.in/detail/30

 

新着情報やワンポイントアイコンなどの豊富なカスタマイズ機能を搭載した「Fortune」は、デザイン・機能共に妥協をしたくない事業者様にオススメのテンプレートです。昨今ECはパソコンでなくスマートフォンで利用するというお客様も多いです。

「Fortune」はパソコン・スマートフォン共に対応可能であり、カスタム設定も全てON/OFFを切り替えるだけで設定できます。多機能ながら洗練されたデザインは自社のブランドクオリティをワンラックアップさせるでしょう。

商品数が多いストアにおすすめ「DEPARTMENT」

出典:https://design.thebase.in/detail/12

多くの商品を販売したいと考えている方におすすめなのが「DEPARTMENT」です。このテンプレートはその名の通りデパートのようにたくさんの商品を陳列することが可能なテンプレートです。

嬉しい機能はそれだけではありません。自社のブランド力を引き出すためのフリースペースやピックアップ表示の機能も有しているのでカスタマイズ性が高く、思い描いたショップを作る事ができるでしょう。

洗練されたシンプルなデザイン「Helsinki」

出典:https://design.thebase.in/detail/38

「Helsinki」はスタイリッシュかつ洗練されたデザインが特徴のテンプレートです。シンプルながらも必要な機能は豊富に用意されており、パソコン・スマートフォン以外にタブレットにも対応したショップを製作することが可能です。

またメニューのホバーアクションなど細かな部分のカスタマイズもできるので、細部までこだわってショップを構築したい事業者様にもおすすめできるテンプレートです。

機能をうまく活用して自社独自のECサイトを構築しよう

無料のECプラットフォームはカスタマイズ性に課題を感じることが多いですが、BASEは高クオリティのテンプレートの他、カスタマイズ性も充分にあるため本格的なネットショップを立ち上げられます。

EC運営に注力するためにも、他業務は更なる効率化が求められるでしょう。業務の中には外注できるものもあります。特に物流は規模が大きくなるほどに負担が増える業務であり、外部への委託が可能です。オープンロジはBASEとAPI連携しているため、物流業務の自動化をスムーズに導入することができます。

BASEの利用を検討している事業者様は、早期のうちに物流外注も検討対象に入れることをおすすめします。

固定費ゼロ・従量課金
登録だけで使い始められます

サービスについてのお問い合わせ、資料のご請求、物流の課題についてのご相談など、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ